時代の波に抗う町家の姿に注目!−ダンメンだけじゃないダンメンの鑑賞ポイント: ポツン編

写真拡大


前回はニッチのお話をしました。
町並みから町家が解体されてポカンと空いた場所にニッチができるのですが、今回は周りが解体されてポツンと残った町家「ポツン」についてお話しましょう。前回下の写真のニッチを紹介しましたが実はこれはポツンタイプでもあるのです。
N229_1
角度を変えるとこんな感じ。これでは隣のビルにつっかえ棒をするのも無理はない。
N229_0

しかしこれは恵まれた例。これなどは裏から見るとやばい感じです。
L016_4

L016_3


これもすごい、薄い。どうやって住んでいたのでしょう?
L015_2

L015_1


周りが抉り取られたようなポツン。要塞っぽい。
L011_1

L011_2

L011_3


「お隣が壊されてもうちは意地でも出ていきまへんえ」という住民の声が聞こえてきそうですが、次に紹介する二つはさらにすごい。
家が建っているというよりは駐車場に家が停まっているという趣
L006_5

L006_1

L006_4


最後、駐車場に浮かぶ島のような趣。
L003_1

L003_3


開発の荒波に耐えるその姿に僕らは涙をこらえることができないが、ここで紹介したポツンの多くはお亡くなりになっている。時代に抗い続けた君たちの姿を僕らは永遠に忘れないだろう。



■関連記事
夜の暗渠歩き
トルコ風呂にまつわる都市伝説(その2:トルコライスの謎)
恵比寿のオアシス 珈琲家族
仙台駅前にある無料展望室(仙台アエル)
“大阪人は逮捕するぞ”