人生って何なのだろうと考える社会人二年生
月曜日になると、朝の満員電車に乗って会社に向かい、仕事をして、また混み合った電車に乗って帰る。これを5回繰り返して土日休み、また同じことの繰り返し。そして年齢だけ重ねていき、いつかは定年。誰もが一回は考える、「この会社員人生って何なのだろう」という例えようのない虚無感。

人生って

質問者akane-skyさんも同様に、人生って何なのかと自問自答。そして他の人はどう考えているのかを問いかけています。

■いつでも辞められると思うと少し楽?

   「うんざりしますよー。毎日毎日好きでもない職場へ行って……。それでも頑張ろうって思えるのは、私には叶えたい夢があるからです。仕事が好きになれそうにないなら、仕事以外で生き甲斐を感じることを探してみてはどうでしょう。もしなくても、いつかそれが見つかったときのために、我慢して仕事を続けるというのもアリだと思います。やりたくないなら、別に仕事なんかしなくてもいいんですよ。極論を言ってしまうと。我慢して会社勤めをしなければならない、なんてルールは人生にありませんから。『仕事なんていつでも辞められるんだ!』って思うと、少し気楽に仕事場に向かえる気がしませんか?思いつめずにリラックスして行きましょう!」(maru_01さん)

maru_01さんの意見は、ベストアンサーに選ばれていますが、本当に正しい意見なのでしょうか。仕事なんていつでも辞められるなんてことは実際に億万長者でもない限りありません。しかし夢のために何かを我慢するということは有益ですね。貯金でいくら貯めるというのが夢なら、そのためにお金を使うことを我慢しなければなりませんし、幸運は努力と我慢の上にやってくるという言葉もあります。
 
こんな意見もあります。

   「人生って不思議なものですね。って歌にもあるでしょう。考える暇があるだけ余裕じゃないですか。人生ってそんなものですよ。あなたと同じ考えを持った人が30年前にいましたが、今は頭を下げる先が変わっただけでした。平でも社長でも変わりません。」(soubakoさん)

■後ろ向きな考えから変えてみよう

私自身も同じようなときがありました。通勤時間を1年の労働日数でかけてみて、無意味にああ…あと○○時間電車に乗り続けるんだとか、この上司にあと何年つきあえばよいのだろうとうんざりしたりしました。しかし、変化や進化をしようとおぼろげにでも考えないと、同じ毎日の繰り返しになる。仕事に少し変化をつけてみたり、昨日と違う今日にしていかないと、本当に物理的に生きているだけの存在になってしまいます。

桜井 規矩之左右(Kikunozou Sakurai) →記事一覧

■関連Q&A
仕事を辞めたいと思う頻度
早く仕事辞めたいな…
■関連記事
前職の辞め方は再就職先に漏れますか?
国家公務員を辞めて「カフェで働きたいの!」