痛車が1000台集結!第5回痛Gふぇすたリポート

写真拡大

アニメやゲームのキャクターを車に装飾された『痛車Gふぇすた』が9日、お台場レインボータウンで行われました。

“痛車”とは、アニメ・ゲームのキャクターを装飾した車やバイクのこと。最近は外装の装飾だけではなくカーオーディオなどの内装をドレスアップしトータルのビジュアルアップを狙った“痛車”が多く、一般の方も参考になるレベルになってきています。

広大な会場は全国から集まった“痛車”で埋め尽くされていました。まさに会場はお祭りの雰囲気で、ステージライブやダンスイベントで大勢の観客が集まっており、華やかなイベントとなっていました。

この会場全部が“痛車”。これでも会場の一部です。カメラでは広大な会場を全部収める事は出来ません。

漫画・アニメのキャラクターを装飾した“痛車”の一部です、人気は『けいおん!!』『とある科学の超電磁砲』『侵略イカ娘』『まどか☆マギカ』でした。中にはプラグインEVカー“痛車”も登場していました。

この1・2年で急激増えてる“インポート・カー痛車”車種も豊富で、FerrariからCITROENまで最新モデル旧車問わず多くのインポート・カーが見られる、今年最もHotなカテゴリーになると思います。こちらは、“痛車”と“コスプレ”をトータルで楽しんでるのを良く見かけました、昨年はコスプレヤーも少なく“痛車”の展示が多かったのに対し今回の、フェスは一般参加さんも多数コスプレをして好きなキャクターと写真を撮るのを楽しみにしてる様です。

“痛単車”“痛チャリ”もロードレース仕様や大型ツアラーなど多数展示されてました、車よりキャクターを装飾する面積が少ないですけど、オーナーの工夫で色々とユニークな作品がありました。

声優さんの“痛車”『田村ゆかりさん』『水樹奈々さん』『日笠陽子さん』などが展示されていました。好きな声優さんを応援しながら、カーオーディオでライブDVDを見ながら“ヲタ芸”を踊ってるのが印象的でした。

今回、取材していて「これは!」と言う“小技”が効いてるアイディアがいくつかありました。まずはストップランプやウインカーをLED化してイベントの時だけ「萌え」と出せる機能。そしてラッピングした上から『ラインストーン』を散りばめたり、キャラクターの『3D』化をしてる車も見かけました。

前回のフェスから5ヶ月しか経ってないにも関わらず、オーナーさんのアイディアが“痛車”を進化させています。そして“痛車”を通じてみんながイベントを楽しんでいました。自分も“痛車”の進化の速さに驚きながら、丸1日楽しんできました。

尚、このイベントの模様は『痛車グラフィックスVOL.12』(11月30日発売)に詳しく掲載されるそうです。

※写真・masamasa・erumoto・痛車カメラマンK

※この記事はガジェ通ウェブライターの「masamasa」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
2輪4輪問わず、モータースポーツ関連のレポートを得意としています。見てる人が「モータースポーツは楽しい!」と知って頂けたら幸いです。