就職活動戦記!この記事内容は事実にほぼ基づいた一個人の就職活動という名の戦いの記録である。

※プロフィールはこちら
事故・保険対応業務の引き継ぎ前回までの話はこちら

前回、私(清水サーシャ)が総務部から営業管理課に異動になった後も行っていた労災・物損事故等の事故・保険対応業務。これを総務部に再移管し、総務課長代理のY.T.(仮名)とその部下1名(女性)に引き継いだのですが1ヶ月経過後、かなりの部分が未処理状態になり、社長から私(清水サーシャ)に対してこの件の調査指示が出ました。

清水サーシャの心の声「(ある意味予定通り。)」

実はその直前、取引先から物損事故の請求書が来たため、総務部の事故担当の女性に渡して手続き依頼をかけています(かなり急ぎです)。もちろん盗難事故の保険対応の件もあったのでそれらを含めた約40件前後について、総務課長代理のY.T.(仮名)に対して月末までの期限を切って全て解決させるように社長指示が出ました。

※少なくとも急ぎの2件については1週間以内、それ以外は最低でも進捗確認をするようにという形にしました。更にそれでも出来ない場合は降格・減給処分にするという厳しいものでした。
それから1週間後…正直、これだけ厳しいレベルの指示を出して何も業務をやらないわけがない、上司の総務部長も妥当であるという認識で了解しました。

しかしながら、1週間後、物損事故の請求書を出した取引先からクレームの連絡がありました。

取引先「おい、事故品の弁償金が振り込まれてないぞ!ふざけんなよ!」
清水サーシャ「大変申し訳ございません。すぐ振込手続きをさせて頂きます…。」


※ちなみに物損事故の場合の手続きは一般的に、事故発生→保険会社へ連絡・事故報告書の作成→請求書の受領→振込手続き(ここがなされていません)→領収書・振込証明等及び各種保険金関連書類の準備→郵送→保険金入金(完了)

の手順になっています。なお、保険手続き上事故現場の写真等が必要なのですが今回の場合は入手出来なかったため代替物で対応することになっていました(その場合でも振込手続きまでは出来ます)。

つまり、1週間前の指示事項が何も出来ていないことの証拠、言い換えれば総務課長代理のY.T.(仮名)の職務怠慢ぶりの立証になるわけです(少なくとも振込手続きまでは完了出来るはずです)。

ちなみに今回のケース、事故・保険対応関連手続きとしては一番基本的な方法になるのですが、それすらまともに出来ていないということになります。さらに20日前後で中間報告をするように指示しているのですが…。

この話、次回へ続きます。

本日の教訓「職務怠慢は必ずボロが出る!」


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
日本商工会議所簿記検定申込一覧
水野健の宅建・合格魂!養成ブログ
国税庁HP「開業届」
国税庁HP「所得税の青色申告承認申請手続」
日本商工会議所簿記検定公式Webサイト
めざせ!一発合格 貸金業務取扱主任者 予想問題200 [単行本(ソフトカバー)]
合格テキスト日商簿記3級 (よくわかる簿記シリーズ) [単行本]
本気(マジ)で学ぶLECで合格(うか)る DS宅地建物取引主任者
宅地建物取引主任者資格試験申込関係HP
LEC 宅地建物取引主任者試験講座
2011年版 出る順宅建ウォーク問過去問題集2宅建業法 (出る順宅建シリーズ) [単行本]

■関連記事
【アニメ放映情報】『たまゆら〜hitotose〜』第1話 放送不体裁についてのお詫び
すばる望遠鏡が新たな150個の超新星、国際チーム〜G・Joe?はかく語りき〜
「バカテス」ミニフォトアルバムが発売
横暴法案にウィキペディア抵抗、大丈夫かイタリア?〜G・Joe?はかく語りき〜
『アイドルマスター』クリアしおりセット登場