<UFC世界フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者]ジョゼ・アルド(ブラジル)
Def.判定3-0:49-46、49-46、49-46
[挑戦者]ケニー・フロリアン(米国)

まずは左ローを見せたケン・フロ。2度、3度と左ローを重ねていく。アルドはいきなりワンツーから、右を伸ばし突進。これをバックステップでかわしたケン・フロは再び左ローを決めるとシングルレッグを見せるが、アルドが跳ね返す。

右ジャブを伸ばしたケン・フロは、アルドのパンチを掻い潜りダブルレッグへ。尻餅を突いたアルドが、すぐに背中を向けて立ち上がり、ケージを背にして向き合う。右足を取ったままのケン・フロが内股で投げ、そのままがぶり、アルドをケージに押し込む。さらに後方に投げようとしたケン・フロに対し、アルドがケージを掴み注意が入る。

バックを取ったケン・フロにクラッチを切ったアルドが距離を取る。ケン・フロの前進にボディへのアッパーを見せたアルドだが、再びケージに押し込まれシングルからダブルを仕掛けられる。

エルボーを見せるも、詰められたままの王者。両者が左エルボーを放ち、初回が終了。2R、アルドのいきなりの右フックをかわしたケン・フロが、テイクダウンを仕掛けるが、ここはアルドも素早く距離を取る。初回同様、スタンドでは左ローを見せるケン・フロの左ストレートをアルドが、スウェイでよける。

徐々にケン・フロのテイクダウン狙いのタイミングを呼んできたアルドは、左フックでケン・フロを誘い、返しの右を狙う。左の縦拳のようなパンチを見せるケン・フロだが、アルドはバックステップで距離を取る。ヒットするのは、ケン・フロの左ローのみという展開のなか、アルドの右ハイがブロックの上から襲い掛かる。

カン・フロのテイクダウン狙いを身を翻すようによけたアルドは、右をヒットさせる。しかし、ケン・フロの左ローで大きくバランスを崩した王者。終了間際にケージに押し込まれた状態で、2Rが終わった。

3R、右ローを蹴り込んだケン・フロ。流れを変えたい王者が前にでるが、ローが再びヒットする。と、アルドの左アッパー、さらに右ストレートが挑戦者の顔面を捉える。ワンツーをよけたアルドの右ストレートでケン・フロがよろめく。

サウスポーから右の伸ばすケン・フロだが、踏み込んだアルドの右を再び受ける。テイクダウンを潰されたケン・フロが引き込むが、同時にアルドはマウントを狙う。懸命に潜りガードを見せるケン・フロの頭を潰したアルドが、ここでトップを奪う。ハーフガードから腕を振るうケン・フロだが、アルドは左パウンドを落す。

ヒザを入れ、距離を作る挑戦者。ガードに戻されたアルドが立ち上がる。足を折り畳む王者に対し、ケン・フロは下からパンチを放っていき、距離ができたところで立ち上がる。続くダブルレッグも余裕をもって対応したアルドは、ケージを背にしたままラウンドを終えたが、ここは確実にポイントを奪った。

チャンピオンシップラウンド=4R、ケン・フロが奥足の前蹴りを見せる。近距離でバックハンドブローを難なくよけた王者アルドは、左をもらうが、すぐに右を返していく。すると、オクタゴン中央で胸があった両者。すぐに距離をとり、アルドの左フックにフロリアンがテイクダウンを合わせるも、ケージに押しこむに留まる。

オーバーフックと、首を刈る対応でバランスを崩さない王者に対し、ケン・フロはシングルから距離をとり、すぐに組み付いて投げを打つ。ここでエルボーを返したアルドは受けが強く、ケン・フロは組み付いても組み付いてもテイクダウンを奪えないまま。残り2分を切ると、逆にアルドにケージ際に押し込まれてしまう。

左ワキを差したアルドに対し、ケン・フロも差し返してシングルに。足を引き抜いた直後の右ストレートを前蹴りで押し返した挑戦者は、距離ができるとここでも組み付いていく。離れ際にエルボーを放ったケン・フロだが、アルドは平気な顔でヒザから左を返したところでホーンが鳴り、試合は最終ラウンドへ。