政治家に怒る、ワタミの会長が、あえて「義務投票制」を提言

写真拡大

渡邉 美樹会長が、国民はもっと怒るべきだと主張

ワタミ株式会社取締役会長の渡邉 美樹氏が自身の思想・時事評「

渡邉 美樹.net

」で私たち(国民)はもっと怒った方がいいと述べている。

渡邉氏は、民主党の輿石東幹事長は10月6日の記者会見で、9月で終了した東日本大震災の復興財源確保のために、衆参両院の議員歳費を毎月50万円削減する措置を「

延長するつもりはない

」と述べたことに対し

開いた口が塞がらない

と怒る。

また、渡邉氏は、小沢氏の裁判を見ていても、我々国民はバカにされている。私たちはもっと怒った方がいいと感じる。積極的に選挙に行き、私たちの権利を行使するべきと主張。自分の1票で、世の中は変わらないと棄権する人が増えることで、利権を伴う圧力団体の票の力が増し、世の中は変わらないと述べる。

あえて波紋を広げそうな「義務投票制」を提唱

他国では投票率を上げるために、棄権に対し色々な罰則を定めているという。オーストラリアでは、正当な理由なく投票しなかった有権者に対して20豪ドルの罰金を取る。少額だが効果があり、1924年の義務投票制採用以来、投票率は選挙人名簿登録者数の95%と、日本よりはるかに高い水準で安定している。

ベルギーでは、初回の棄権は5〜10ユーロ。二回目以降は10〜25ユーロと、選挙権の制限(15年間に4回以上棄権の場合は、10年間選挙資格停止)と、細かく罰則が設けられている。この他、ルクセンブルク、シンガポール、ウルグアイなど、厳しい義務投票制を実施している国は多いという。

渡邉氏が、反対の立場の人も多いのは覚悟の上で「

義務投票制

」をあえて提言した事に対し、国民の反響に興味が持たれる。

渡邉 美樹、プロフィール

神奈川県横浜市で生まれる。 1959年10月5日(52歳)、明治大学商学部を卒業、ワタミ株式会社取締役会長、 2011年東京都知事選挙へ立候補し、2位の前宮崎県知事の東国原英夫氏の次に票を集め、3位で落選。

▼外部リンク

渡邉 美樹.net
http://bit.ly/pPfJD9

渡邉 美樹 公式ブログ
http://ameblo.jp/watanabemiki/

■関連記事
全国からご当地バーガーが集結!「とっとりバーガーフェスタvol.3」 異色“お茶漬け”風バーガーも
【速報】衆院選挙の「一票の格差」は是正されるのか?
【速報】小沢元代表、尿管結石で入院
喚問要求に影響、民主・小沢氏入院
非嫡出子の相続分差別は違憲〜大阪高裁判決確定で民法改正なるか?