レッドソールの20年を辿る ルブタンの豪華アートブックが発売

写真拡大

 「Christian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)」のブランド設立20周年を記念して、アートブック「CHRISTIAN LOUBOUTIN(Rizzoli; October 2011)」が出版される。制作に関わったのはJohn Malkovich(ジョン・マルコヴィッチ)やDita von Teese(ディタ・フォン・ティース)、David Lynch(デヴィッド・リンチ)ら。発売日は10月25日で、銀座店での先行発売を予定している。

ルブタンの20年を収録した芸術本の画像をもっと見る

 「CHRISTIAN LOUBOUTIN(Rizzoli; October 2011)」は、「CHARLES JOURDAN(シャルル・ジョルダン)」のワークショップからDavid Lynchとコラボレーションしたフェティッシュ展に至るまで、「Christian Louboutin」のこれまでのキャリアを網羅。カバーはピンクのレザー仕様の5層からなる折りたたみ式となっており、ページには金加工が施されている。「A Life」「The Shoes」「Fetish」「The Place」「Twenty Years」の5つのチャプターで構成され、アイコニックなピンヒールからフェティッシュなシューズまで「Christian Louboutin」がつくりだすシューズデザインの芸術性がすべて明らかになっている。

 Christian Louboutin氏は「CHRISTIAN LOUBOUTIN(Rizzoli; October 2011)」を発表するにあたり、カメラマンにフランスを拠点に活動するファインアーティスト兼フォトグラファーのPhilippe Garcia(フィリップ・ガルシア)、モデルには兄妹であるファリダの他、Christian Louboutin氏のお気に入りの被写体であるDita von Teese、Kristin Scott Thomas(クリスティン・トーマス・スコット)などを起用した。また前書きは名優John Malkovichが担当し、小説家としても活躍するEric Reinhardt(エリック・ラインハート) に寄稿を依頼。David Lynchが撮影した貴重なイメージも収められているなど、豪華な1冊となっている。