BIGBANGリーダー大麻吸引、韓国では「日本陰謀説」指摘する声も

写真拡大

日本で人気の韓国の5人組男性アイドルグループ「BIGBANG」(ビッグバン)のリーダー、G-DRAGON(クォン・ジヨン)が、5月の日本ツアー中に大麻を使用したとして、ソウル中央地検に摘発され、その後、執行猶予処分になっていたことが5日、分かった。

所属会社YGエンターテインメントは報道資料を通じ、「7月にクォン・ジヨンは検察から取り調べを受けたが、大麻を使用した事実はないとして堂々と取り調べを受け、スケジュールもこなした。だが、毛髪からごく微量の陽性反応が出るという予想外の検査結果が出た」と述べた。

続いて、「その原因は何だったのか悩んだところ、5月の日本ツアー中にコンサートの成功を祈るお酒の席に参加した際、トイレの近くでファンとみられる日本人がクォン・ジヨンに挨拶をしながらタバコを渡し、それを2、3本吸ったことを思い出した。タバコは普通のものとは違う変な感じがして、すぐにトイレの便器に捨てた」とクォン・ジヨンが大麻を吸った過程について説明した。

もし、これが事実である場合、クォン・ジヨンは見知らぬ日本人により、意図せず大麻を吸ってしまったことになる。YGエンターテインメントの説明を受け、韓国のインターネット上にはさまざまな意見が寄せられている。

「毛髪に出るってことは常習じゃないの?」「原因を探そうと悩んだんだろうね。こんな説明、小学生でも信じないよ」「事務所の説明が理解できない」「日本との関係を悪化させる発言では?良いグループだったのに残念」「日本ではトイレでよく大麻を吸うのか?」「裏切られた気分」などほとんどのネットユーザーがクォン・ジヨン本人や、事務所を批判している。

一部には、所属事務所側の説明を信じ、「韓流やBIGBANGを排除するための日本の陰謀では?」とコメントする人もいたが、多くが事務所の説明は不自然だと感じているようだ。

また、韓国のネット上には今回の問題について検証する『クォン・ジヨンドットコム』というサイトが登場。ネット上のうわさから国立科学研究所の発表内容まで、クォン・ジヨンに関するさまざまな情報が寄せられている。

参照:G-DRAGON大麻吸引、「ロト当選?韓流失脚日本の陰謀?」うわさ飛び交う - NEWSEN
参照:クォン・ジヨンドットコム開設、G-DRAGON大麻吸引で波紋、疑惑提起 - XPORTSNEWS

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。