立川ブラインド工業(株)では、8月に発売したヨコ型ブラインド「モノコム」の省エネ仕様「モノコム25高遮蔽タイプ」に引き続き、オフィスや学校、公共施設に最適な「モノコム35 高遮蔽タイプ」、また「モノタッチ」にも「モノタッチ25・35 高遮蔽タイプ」を発売、高遮蔽タイプを拡充した。
「高遮蔽タイプ」とは、スラットにブラインドを昇降させる「昇降コード」の穴がないタイプで、それにより光漏れを防止したもの。またスラットとスラットの間隔を小さくすることで、閉じた際の重なりも大きくしている。スラットには遮熱コートスラット(40色)を採用する。
この他、「モノタッチ25」には、遮熱コートのスラットに「酸化チタン」及び「フッ素」を施し、2つの機能を1つにした多機能スラット(20色)を採用している。