就職活動戦記!この記事内容は事実にほぼ基づいた一個人の就職活動という名の戦いの記録である。

※プロフィールはこちら
営業管理課に異動になりました!前回までの話はこちら

前回、総務部・人事部でのそれまでの功績に対する評価の低さとあまりの冷遇ぶりに絶望して退職する寸前、営業部長がわたしを拾ってきださいまして急遽営業管理課に異動になりました。「現場の苦労を知っている清水サーシャにならば何かが期待出来る」、そういう評価をして頂いてのことなので嬉しかったです。

清水サーシャの心の声「(心機一転、頑張ろう!)」

ちなみに総務部から異動するさい「異動後は仮に引き継ぎをしていない業務があっても一切教えない」と宣言しました。逆に言えば、引き継ぎで漏れがあるかを把握しない時点で総務部長及び総務課長代理としての能力が低いということになります。厳しいことを言えば「自分でどうするのが正しいのか考えろ!」ということなのですが、彼らにはその自覚が皆無でした。

そもそも私(清水サーシャ)は即日退職予定であったわけであり、いきなり担当者が退職の状況であってもその上司である総務部長及び総務課長代理は対応出来るべきなのです。もちろん、彼らと良好な関係にあったのであればもう少し親切な対応をしたところですが…。総務部長の発言により、私も強硬な対応を決めました。

総務部長「引き継ぎはしてもらいますよ!引き継ぎをしないならば清水さんが何も仕事をしていなかったことになりますよ。」

※この発言があったからこそ、後にとあるトラップを発動させることになるのですが…。
営業管理課での仕事営業管理課では主に請求書発行、給与支払手続、経営分析資料、社員研修等に加え、労災・物損事故等の事故・保険対応業務についても並行してすることになりました。それが何ヶ月間か続きましたが、業務過多になり(正確には業務過多の演技をしていたのですが)事故・保険対応業務を総務部に再び移管するという展開になりました。

そして、総務課長代理のY.T.(仮名)とその部下1名(女性)
に引き継ぐことになったのですが…。

※ちなみに総務課長代理のY.T.(仮名)がしていた業務と言えば、掃除と昼の社員弁当の発注等の所謂雑用レベルくらいで予想通り高度な技術や専門知識を要する業務は何も出来ていませんでした。

この話、次回に続きます。

本日の教訓「引き継ぎの精度は友好関係に影響される!」


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
日本商工会議所簿記検定申込一覧
水野健の宅建・合格魂!養成ブログ
国税庁HP「開業届」
国税庁HP「所得税の青色申告承認申請手続」
日本商工会議所簿記検定公式Webサイト
めざせ!一発合格 貸金業務取扱主任者 予想問題200 [単行本(ソフトカバー)]
合格テキスト日商簿記3級 (よくわかる簿記シリーズ) [単行本]
本気(マジ)で学ぶLECで合格(うか)る DS宅地建物取引主任者
宅地建物取引主任者資格試験申込関係HP
LEC 宅地建物取引主任者試験講座
2011年版 出る順宅建ウォーク問過去問題集2宅建業法 (出る順宅建シリーズ) [単行本]

■関連記事
【とある企業の面接録】面接編「人材派遣会社」(暫定その5)
【アニメ】「たまゆら〜hitotose〜」第1話その2は「行き先の無い切符」(ネタばれ注意)
【アニメ】「たまゆら〜hitotose〜」第1話その1は「お父さんのカメラ」(ネタばれ注意)
秋葉原に喰うならココで喰え!! 『若狭家 秋葉原店』 〜雨音的アキバの歩き方〜
【ネットトレンド】話題のPSVita、あなたはどんなソフトが欲しい??