ソウル中央地検は5日、韓国の5人組アイドルグループ「BIGBANG」のリーダー、G−DRAGON(23)を大麻吸引の容疑で摘発し、起訴猶予処分になったと発表した。複数の韓国メディアが報じた。

 報道によると、BIGBANGは5月10日から19日まで日本ツアーを行い、大阪など3都市で8公演を開催。G−DRAGONはツアー中に大麻を吸引し、7月に検察が行った毛髪検査で陽性反応が出て発覚した。

 調べに対しG−DRAGONは、「日本のあるクラブで名前の知らない日本人がくれたタバコを吸った。においが普通のタバコとは違い、大麻ではないかと疑ったが、少し吸ったのは事実」と供述しているという。

 検察は、使用量が少なく初犯であることや、大学生であることも考慮し、起訴猶予処分とした。検察の関係者は、「G−DRAGONは取り調べで自白し、反省していた」と話した。

 韓国では、G−DRAGONが大麻を使用したとの報道に、大きな衝撃が走っている。特に、BIGBANGをめぐっては、今年6月にメンバーのD―LITEがソウル市内で乗用車を運転中に路上で倒れていた男性をひき、死亡させる事故を起こしていることから、韓国のメディアは、「BIGBANGのファンはパニック状態」と報道。

 インターネット上には、「カムバックを間近に控えていたのに残念」といった声や「明らかな違法行為」「大学生だから起訴猶予処分というのは理解できない」と指摘する声などさまざまな意見が書き込まれていると伝えた。(編集担当:新川悠)