トーソー 「レガートスクエア」で7年連続グッドデザイン賞受賞

写真拡大

トーソー(株)が本年6月より販売を開始した装飾性カーテンレール「レガートスクエア」が、このたび公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2011 年度グッドデザイン賞(Gマーク)」を受賞した。同社の受賞は今年で7年連続、1984年より通算16回目の受賞となる。
「レガートスクエア」は、窓辺をシンプルかつモダンに装いつつ、省エネルギーや快適な使い心地に対する様々な工夫を施したカーテンレール。日本の住宅にマッチする木目柄と、建具や家具に合わせやすいフラットなデザインは、幅広いインテリアテイストとのコーディネートが可能。レール上部の隙間からの外気の往来を減少させることができる「カバートップセット」も大きな特徴である。今回は、シンプルモダンのデザインに加え、「カバートップセット」のアイデアが省エネルギーに対する専門メーカーの取り組みとして高く評価された。