(株)サンゲツは、このほど本社(名古屋)ショールームにて、新作カーテン見本帳「SOLEIL Deux 2011-2014」の発表会、および商品説明セミナーを開催、多数のICや専門店関係者が来場するなど盛況だった。

「SOLEIL Deux 2011-2014」は、多様化するニーズに応えるべく、多彩なデザインと機能を備えた幅広いバリエーションが特徴のシリーズ。特に今作は、プレーンでベーシックなデザインから、高級感溢れるラグジュアリーなもの、そしてドクロを思わせる奇抜なデザインやユーモラスなキャラクターものなど斬新な生地も多彩に展開されるなど、これまでと一味違った興味深いラインナップとなっている。発表会会場では、そうした特徴的な生地をピックアップして大きく展示、モデルルームでも新作を使ったコーディネート展示が行われた。
また同時に6Fトゥインビーホールで行われた商品説明セミナーでは、「SOLEIL Deux」開発担当者が開発の社会的背景や消費者動向、それを受けての開発コンセプトなどを紹介、その上で生地の特徴を1点ずつ解説した。さらにドレープとレースのおすすめコーディネート例も実際の生地を使いながら分かりやすく紹介した。
この他、特別セミナーとして、同社東京、大阪、名古屋ショールームのリニューアルを手掛けたオフィス・サキ代表の崎丈晴氏を講師に迎え、「タワーマンション・ペントハウスインテリア セミナー」が行われ、同氏が手掛けた高級マンションやモデルルームのデザインポイントやコンセプトが紹介された。

なお「SOLEIL Deux 2011-2014」発表会は、このあと福岡ショールーム(10月12日〜13日)、東京ショールーム(10月13日〜14日)、大阪ショールーム(10月27日〜28日)でも開催される予定。