様々なジャンルの本が刊行されているビジネス書。書店の書棚を見てみると、帯に写った様々な著者の顔を見ることができるだろう。しかし、その一方でビジネス書の勢いが一時期に比べて落ちてきている話もあるが、実際の業界の動きはどのようになっているのだろうか?
 今回、新刊JPで開設された「ビジネス書検定」の監修者で、『ビジネス本作家の値打ち』(扶桑社/刊)の著者である水野俊哉さんとブックナビゲーターの矢島雅弘さんの2人が対談。ビジネス書の“現在”を語ってもらった。3回にわたる対談の今回は1回目だ。

■ ビジネス書の現在は“バブルが弾けた後”?

矢島雅弘さん(以下、矢島)「今回はビジネス書作家の水野俊哉さんとともに、現在のビジネス書について語っていきたいと思います。今日はよろしくお願いします!」

水野俊哉さん(以下、水野)「よろしくお願いします!」

矢島「水野俊哉さんといえば、年間1000冊は読破するというビジネス書研究家としても有名です。最近では2009年8月に『「ビジネス書」のトリセツ』(徳間書店)や、2010年6月に『ビジネス本作家の値打ち』(扶桑社)をご執筆されていますね。
『ビジネス本作家の値打ち』の冒頭では、現状に悲観しているというか、水野さんの言葉でいう“ポンチ本”が出て、粗製乱造な業界になってきていると警鐘を鳴らしていらっしゃいました。それから約1年が経ちましたが、2010年から2011年の、最近の傾向をどのように見ていらっしゃいますか?」

水野「『ビジネス本作家の値打ち』のはじめに、「ビジネス本ブームから、ビジネス本バブルへ」というようなこと、そして、なぜビジネス書バブルなのか、もしかしたらもうそのバブルは崩壊しているんじゃないかということを書いていたのですが、今の状況を言うと、バブルが崩壊した…というよりは、ビジネス本のブームが冷えてきているのかなと思っています。
どういうことかといいますと、今日の株価は日経平均で8500円(2011年9月22日現在)くらいとかになっていまして、これはちょうど1980年代前半の値なんですね。バブルの絶頂期の頃は4万円近くだったんですが、要はその頂上、つまりバブルに達して、今その前に戻ってしまったというのが日本の株価の状況なんです。そして、ビジネス書の方もブームが始まって、バブルの絶頂があったとしたら、今はその前に戻ったくらいの感じなのかという気がしていますね」

矢島「私が感じているのは、ビジネス書バブルが始まる前は有名な社長さんが書かれた本が多かったのですが、最近は、これはバブルの影響かわからないのですが、著者さんもバラエティに富むようになったな、と」

水野「そうですね。自分の企画で恐縮なんですが、雑誌『BRUTAS』で、2009年11月ごろに「ビジネス書ベストセラー年表」というものを作ったんです。これは1958年から2009年までを一気に振り返る年表なのですが、これを見るとビジネス書バブルがいつ起こったのかというのが見えてきます。
六本木ヒルズが2003年に開業して、ライブドアショックが2006年に起こったのですが、ビジネス書のバブルは2003年ごろからはじまって、ライブドアショックによって株価が下がったところから、またもうちょっと盛り上がっているんですね。そして、勝間和代さんが登場したのが2007年なのですが、 2010年ごろにライブドアショックならぬ、勝間ショックみたいなのが起きて、全体的に盛り下がって、元に戻りつつあるのかなと思います」

矢島「2003年のベストセラーはなんでしたか?」

水野「神田昌典さん、本田健さん、和田博美さんの『和田裕美の人に好かれる話し方』が2005年で、あと山田真哉さんの『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』も2005年ですね。この辺りが盛り上がってきている頃になります。
矢島さんがさっきおっしゃったように、有名な経営者ですとか、大御所が執筆することが多かったビジネス書に、神田正則さんや本田健さんなど、本を出すまでは一般に知られていなかった方の本が出て、売れるようになってきた時期です」

矢島「そうですね。そして、ビジネス書を出版した本田さん、神田さんを自分の文脈としてとらえて、また新たな人がビジネス書を執筆するというサイクルが生まれた。そして、勝間和代バブルがやってきたという印象ですよね」

水野「ですから、2003年から2005年は、内容的にもしっかりした本がベストセラーになる傾向が多かったのですが、それ以降になると、ビジネス書が売れるということで、各出版社の参入も増えてきて、どんどん新刊のタイトルが増えていったという印象があります。そして、内容がついていかなくなったり、書き手が足りなくなったりして、どんどん新しい著者を発掘して、どんどん本を書かせるということが当たり前になってきますよね。 特に勝間さんが彗星のように飛び出した2007年頃は、『私も勝間さんになりたい!』とか、自分も本を出してベストセラーを出して独立したいという方たちがビジネス書業界の周辺に集まってきたように思います」

第2回「名刺代わりに「本」を使うビジネス書著者たち」に続く

■水野俊哉さん
1973年生まれ。大学卒業後、ベンチャー起業するも、個人保証を入れていた3億円の負債を抱えて取締役を解任。
その後、絶望から再生し、経営コンサルタントとして数多くのベンチャー企業経営に関わりながら、世界中の成功本やビジネス書を読破、成功法則を研究する。現在は著述を中心に、セミナー、講演などの活動も行なっている。
著書は、シリーズ10万部突破のベストセラーとなった『成功本50冊「勝ち抜け」案内』(光文社ペーパーバックス)の他、『「法則」のトリセツ』(徳間書店)、『お金持ちになるマネー本厳選50冊』(講談社)、『徹底網羅!お金儲けのトリセツ』(PHP研究所)など多数。
ブログ : http://d.hatena.ne.jp/toshii2008/

■矢島雅弘さん
1982年11月29日生まれ。埼玉県出身。
新刊ラジオのパーソナリティとして、 これまで約1500冊の書籍を紹介してきた。
モットーは『難しいことを、面白く分かりやすく』。



【関連記事】 元記事はこちら
過激すぎる「ビジネス書」トークイベント
自分で「読書」のハードル、上げてない?
人生の年収は、20代の働き方でほとんど決まる?

【新刊JP注目コンテンツ】
過激すぎる「ビジネス書」トークイベント
自分で「読書」のハードル、上げてない?
人生の年収は、20代の働き方でほとんど決まる?
新刊JP主催「ビジネス書検定」こちらから