子育てで一番大事なのは親子で一緒に体験をすること、と話す尾木ママ

写真拡大

「実は子育てで一番大事なのは、お母さんが感動したり、お父さんがすごいなって感じることを子供と一緒に体験をするっていうこと。そして”わぁ、素敵!”とか、声を掛け合うことがすごく大切」と話すのはTVで人気の教育評論家“尾木ママ”こと尾木直樹先生だ。

10月1日、小岩井農場まきば園で開催された「小岩井 純水果汁 こども文庫プロジェクト オリジナル絵本・完成 披露イベント」で尾木ママは親子の絆をテーマに持論を展開した。

このイベントは、教育評論家の尾木直樹先生が監修のもと、子供の心の成長をテーマに絵本を作り、全国の児童たちに寄贈していく「小岩井 純水果汁 こども文庫プロジェクト」として初めてのオリジナル絵本が完成したことを記念したものだ。

今回は岩手県内の親子およそ100人を招待し、小岩井農場での体験・見学ツアーのほか、完成した絵本の読み聞かせなどを行った。

その中で、尾木ママはさらに「絵本を見るときは、同じ絵を見てるでしょ。同じ絵を見て、空想や想像ができるよね。絵本だけで豊かな子供に育てるというのは難しく、大人と同じ絵を見ながら、お母さんや大人が読み聞かせることがものすごく大事。安心できるお母さんの声で色んなものを見ながら、空想や想像の世界を遊ぶ。これが子供の心を豊かにするし、いろんなことに対し知的関心を呼び起こすんです」と読み聞かせの効果を伝えた。

ちなみにこの「小岩井 純水果汁 こども文庫プロジェクト」は、キリンビバレッジが発売している果汁飲料ブランド「小岩井 純水果汁」による企画活動。商品のリニューアルに合わせ今年の7月より実施している。キリンビバレッジでは今後も、ブランドサイトやPRイベントなどを通じて「小岩井 純水果汁 こども文庫プロジェクト」の活動を行っていく予定だという。[詳細はこちら

■関連リンク
小岩井 純水果汁 こども文庫プロジェクト