世界同時不況後の需要をにらみ、新たな成長を目指した事業戦略の中で、企業は人材確保に動き始めた。しかし、少子高齢化とグローバル化という大きな経営環境の変化が待ち受けている。事業戦略とともに採用の考え方にも変化が生じており、新卒・中途を問わず、これまで以上に即戦力の人材を求める傾向が強まっている。企業の採用に深くかかわる人材会社に、変質しつつある人材採用の動向を取材した。

「このコンテンツのオリジナルは、>http://www.jinzainews.net/</u>です」

事業戦略がグローバル化に対応する中で進む雇用調整

 リーマン・ショック後、日本では多くの雇用が失われた。これまでの不況は金融機関の不良債権処理やITバブル崩壊などの国内要因であったが、今回の米国のサブプライム問題を契機とする世界同時不況は、日本経済がグローバリゼーションの真っ只中にあることを強く印象付けた。

 2009年の上場企業の希望・早期退職者募集状況(東京商工リサーチ調べ)は、開示されているだけで191社に達しており、ITバブル崩壊時の02年の200社に次ぐ数となった。退職者募集人数も情報開示された189社合計で2万2950人(前年8979人)に上り、金融機関の不良債権処理が加速した02年の3万9732人以来、7年ぶりに2万人を上回った。

 さて、この不況期に実際に企業はどのような理由で、雇用調整を実施したのだろうか。

 再就職支援会社...(もっと読む

2011年 企業の中途採用動向〜事業・組織、営業力強化で増加
不足するグローバル人材 新卒採用では需給に矛盾も
【独自調査】グローバル人材の求人動向-電機・素材業界で求人増加

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。