URL付きツイートを評判やジャンルで整理してくれる『Crowsnest』が正式リリース

写真拡大




5月にガジェット通信記事でご紹介したRmakeの“ソーシャル・ニュースリーダー”『Crowsnest』が招待制のベータ公開を終了、10月3日に正式公開されました。パソコン用のウェブサイトとAndroidスマートフォンや『iPhone』『iPad』に最適化されたモバイルサイトがあり、『Twitter』アカウントを持っていればだれでも無料で利用できます。

RSSリーダーや『Twitter』へ毎日大量に流れてくるニュース情報。RSSリーダーは読む必要がない記事も含め、未読を消化していくのが大変だし、『Twitter』はフォロー数が多いと、あっという間に記事がタイムラインから押し流されてしまいます。自分の関心がある記事や話題の記事だけをまとめて読みたい、というニーズにこたえてくれるウェブサービスが『Crowsnest』です。全世界のツイートから、それに言及するユーザー数で情報の重要度を解析、さらに自分がフォローしているユーザーがツイートしたニュースを優先的に表示してくれます。

記事リストはタブによりカテゴリー分けして表示。「全体」のタブを選べば、『Twitter』ユーザー全体で話題になっている記事を一覧でき、「フォロー」では自分がフォローしているユーザーに話題の記事、「自分」では自分がツイートした記事、「キモチ」では『Crowsnest』上でユーザーが「ナイス!」「イマイチ」など感情を表明した記事を見ることができます。記事のカテゴリーに関するタブは、設定の「タブを入手」から追加可能。「時事」「IT」「ライブ」「画像」「2ちゃんねる」など、さまざまなカテゴリーから、探したい記事を選別できます。

便利なのは『Googleリーダー』との連携機能。自分が『Googleリーダー』で購読するRSSフィードのうち、『Crowsnest』が解析したオススメのニュースだけを表示することができます。購読するフィードを増やしすぎて、未読のフィードを消化できなくなっていた筆者にはとてもありがたい機能です。もちろん、『Crowsnest』上の記事は未読・既読の管理ができ、後で読みたい記事をブックマークする機能もあります。RSSリーダーと併用、あるいはRSSリーダーから乗り換えても情報収集ツールとして活用してみましょう。

Crowsnest
http://www.crowsnest.tv/

参考記事:
URL付きツイートを評判やジャンルなどで整理してくれる“ソーシャル・ニュースリーダー” 『Crowsnest』
http://getnews.jp/archives/119600