アップルがiTunesβ版にiPhone4Sのデーターを入れてしまい情報漏れる! お約束のバズマーケティング?

写真拡大




アップルがリリースしているiTunesバージョン10.5β版にiPhone4Sのデーターが入ったままになっており、それがユーザーにばれて話題になっているという。この情報はiTunes10.5β版を導入すると参照することが可能で、『iPhone4S』という記述が見えるのがわかるだろう。

さらにそれだけでなくauが10月21日からiPhoneが使えるようになるという記述が書かれているパンフレットが配布されており、そちらも話題になっている。そのパンフレットには「※別途パケット通信料がかかります。★iPhoneご利用の方は、2011年10月21日(金)からお楽しみ頂けます。」と隅に記載されている。
auと言えば先日のスマートフォンの発表会前に自社のサイトにて2011年秋冬モデルをフライングで掲載してしまい、話題になったばかり。その中にiPhoneが含まれていなかったのが幸いし大きな問題にはならなかったが、仮にフライングで『iPhone5』が掲載されていたらアップルからクレームが来ていただろう。

今回の情報漏れにより、『iPhone4S』のリリースも濃厚となってきた。これはバズマーケティングなのか本当にミスをしたのか。どちらにしても正式な発表が楽しみだ。

auが自社のサイトに2011年秋冬機種をフライング掲載! モトローラーにHTC新機種

※AppleInsiderより引用。
http://www.appleinsider.com/articles/11/10/01/apple_leaks_iphone_4s_product_name_in_latest_itunes_beta.html

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。