<UFC世界バンタム級選手権試合/5分5R>
[王者]ドミニク・クルーズ(米国)
Def.判定3-0:50-45、50-45、49-46
[挑戦者]デミトリウス・ジョンソン(米国)

まずはオーソドックスのドミニクが右ローを放っていくと、大きな振りの右を見せ、距離を詰めていくジョンソン。ドミニクもケージ際を移動する。ドミニクの動きに負けず、ハイキックからテイクダウンを仕掛けたジョンソンだったが、ドミニクが反対に投げていく。大きく腰を浮かしたジョンソンは、同体で立ち上がるが、ドミニクはヒザ蹴りからトップを奪う。

ジョンソンからパスを奪ったドミニクは、サイドをキープしケージ際に移動する。足を戻し、バタフライガードの態勢となったジョンソンが、ケージを背にして立ち上がろうとすると、腰や足をコントロールしていたドミニクがエルボーを見せる。

立ち上がって距離を取ったジョンソンは、ハイキックをキャッチされ倒されるが、ここからヒザ十字を狙っていく。足を抜いてトップを取ったドミニクが、バックを狙ったところで試合はスタンドに。

ここでジョンソンが初めてテイクダウンからドミニクに尻もちを突かせると、立ち上がったドミニクとの距離を詰めたジョンソンの右がヒット。再び組みついたジョンソン。テイクダウンはならなかったが、ドミニクを削っていく。

ノンストップ&ハイスピード・アクションのバンタム級戦、インターバル中は、ドミニク、ジョンソンともに懸命に息を整える。

2R、開始早々、右を伸ばしたドミニクに、パンチを返していったジョンソンが組みつくが、テイクダウンを奪ったのはチャンピオンだ。

立ち上がろうとするジョンソンのボディにヒザを入れるドミニクだが、立ち上がるやすぐに王者をケージに押し込んでいく。ダブルレッグ狙いから、ボディへのヒザを見せたドミニク。距離を保つことができず、いつものような幻惑ファイトを仕掛けられない。

それでも挑戦者のテイクダウン狙いを冷静に切り、逆にケージに押し込むなど、試合のリズムを譲ることはない。ヒザにボディを入れて、投げを狙ったジョンソンにダブルレッグを仕掛けたドミニクだが、反対にダブルレッグでケージに押し込まれる。

ケージ際の攻防で、首相撲からヒザを見せ距離を取ったドミニクが、遠い距離からリズムを掴もうとするも、ジョンソンが距離を詰めて右を見せる。ケージ際にフライングニーを見せたチャレンジャー。ドミニクはよけると逆に距離を詰める仕種を見せる。左ジャブ、ヒザを見せたドミニクに、ダブルレッグを合わせたジョンソン。だが、ドミニクは逆にジョンソンに尻もちを付かせると、バタフライガードから立ち上がりたいジョンソンの腰をコントロールし、首を殺したドミニクがエルボーを落として2Rを戦い終える。

3R、ジョンソンの前進をかわし始めたドミニクの回りをジョンソンがサークリングする展開に。前に出る王者に、スイッチを使ったサークリングを見せたジョンソンが、小手を差して投げを見せるも、王者はバックと取って後方にスープレックスで投げ捨てる。

そのままバックを制したドミニクは、バックマウントからリアネイキドチョークを狙う。右腕を首に回したドミニクは、そのままフェイスロックの状態に取るが、ジョンソンも懸命にロールして耐えようとする。腕を手繰り寄せ、難局を逃れたジョンソンに対し、ドミニクが疲れた表情を初めて見せる。

それでも踵をとって、テイクダウンに成功したドミニクは、腰をコントロールしてトップキープに。残り1分、トップをしっかりと固める王者に、ジョンソンがバタフライガードから蹴り上げて立ち上がろうとするが、ドミニクはそれを許さない。ならばと潜りから、立ち上がったジョンソン。ドミニクはボディにヒザを突き上げ、3Rを戦い終えた。