セガ、中国版「Mobage」にスマートフォン向けアプリ4タイトルを提供

写真拡大

©SEGA

株式会社セガは、株式会社ディー・エヌ・エーが中国子会社の上海縦游網絡技術有限公司を通じて運営する中国版「Mobage(中国語名:夢宝谷)」にて、2011年9月28日よりAndroid端末用アプリ4タイトルを順次提供する。

今回セガが中国版「Mobage」に提供するアプリは、9月28日よりサービスを開始した『喜羊羊(シーヤンヤン) タワーディフェンス』と、10月よりサービス開始を予定している『喜羊羊 ジャンプ』、『喜羊羊 連連看(レンレンカン)』、『ぷよぷよフィーバー TOUCH』の計4タイトル。『喜羊羊』シリーズの3タイトルは中国の人気キャラクター「喜羊羊と灰太狼(ホイタイラン)」のライセンスを受けて制作されたタイトルで、『ぷよぷよ』は世界中にユーザーを持つ定番パズルゲーム。

セガは、2007年より中国において40タイトル以上のフィーチャーフォン向けモバイルコンテンツの展開実績があり、このたびの中国版「Mobage」へのコンテンツ提供は、日本国内のゲームソフトメーカーとしては初めてとなる。

DeNAは、2011年7月末に中国版「Mobage」の本格展開を開始している。今後、中国現地のゲームソフトメーカーだけでなく、日本国内のゲームソフトメーカーとも積極的に協力し、中国版「Mobage」で提供するタイトルの拡充を図るようだ。

【記事:猫またぎ】


▼外部リンク

株式会社セガ 公式サイト


■関連記事
【おやつ】森永乳業、一口タイプアイス「ピノ W(ダブル)コーヒー」を発売
サウジアラビアで運転女性に鞭打ち刑、"春"はいつ来る〜G・Joe?はかく語りき〜
【ニコニコ動画】ニコファーレ『Gears of War 3』公開生放送、壁面LEDモニターをフル活用した美しいグラフィックに感嘆コメントも
【アニメ】「ゼロの使い魔F」
【とある企業の面接録】特別編「日本商工会議所簿記検定試験」(直前期その1)