1

写真拡大 (全9枚)

テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

古本屋でちょっと珍しそうなカルタが売られていたので買ってきました。



その名も「ゴルフキャディカルタ」。

……ゴルファーカルタではなくて、ゴルフキャディカルタです。いったいどういう内容なのか。



ボール紙の箱から本体を取り出すとまた箱が。けっこうしっかり梱包されてますね。

よく見ると「キャ」の文字がちょっと斜めに傾いていて可愛さをアピール。たしかにキャディってキャンディみたいで語感的には可愛い。



発売は1992年。約20年前か……。

で、肝心のカルタの内容ですが、一言でいうとキャディ目線でゴルフをプレイする人々を眺めたもの。キャディとしての苦労なんかも書かれていてなかなか面白いです。ゴルフする人なら「あるある」とうなずけるネタも多そう。

気になったやつをピックアップしてみましょうか。



「色気より スタミナづくりを 大切に」

まさかの恋愛ネタ。ゴルフで男女が知り合うことってあるのかな。まあこのカルタでは完全否定されてますけど……。



「ホステスと 間違える客 たまにあり」

これもそっち系のネタ。この手の勘違いしたオッサンはほんとどこにでも沸いて出るから困りもの。



「例により 女性の客の むづかしさ」

と思ったら女性客にも困らされているみたいです。……というか「例により」から始めたら別に何のネタでも全部「れ」でいけるじゃん!



「散々な 目にあっても 明日がある」

“キャディさんだって苦労しているんです”シリーズ。この手の札はけっこうあって、客商売の大変さはいつも時代も変わらないんだなということがわかります。



「ビジターも メンバーもなく 平等に」

イラストがネタ切れしたんじゃないかと思われる。



「わが道と 思って今日も カート引く」

そんなこと考えながらカート引いてたなんて!



ってことでキャディカルタ、ネタ物かと思いきやちゃんとしたカルタでした。あまりにもちゃんとしていて、ぜんぜんツッコミどころがなかったです。

こういう感じの、主役というよりはアシスタント系のカルタなら、他にも色々作れそうですね。「秘書」とか「AD」とか「汁男優」とか。




……最後のは僕が個人的に欲しいだけです。
続きを読む

この記事の元ブログ: 20年前に発売された「ゴルフキャディカルタ」なるものを買ってきた


最新の人気記事はコチラ
もしも城が賃貸物件だったら
英語で喋りたくナイト
昔のアイドル文体を検証する
急ぎでお願い!会社で使える「ゆるふわ催促カード」
大政奉還のプレスリリースを書く
大政奉還のプレスリリースを書く
会社でツラい時に使える「ゆるふわメッセージカード」