しかし、アポクリン汗も全身から出てくるエクリン汗も、汗腺にとどまっているうちは無臭なのだが、皮膚表面の雑菌でニオイを発生するようになる。たとえば、アポクリン汗中のリポタンパク質などが、皮膚表面にある菌によって分離されると嫌なニオイを発するようになる。
 また、エクリン汗も雑菌によって分解され、低級脂肪酸に変わるためすっぱいニオイになる。雑菌は酸性より、アルカリ性のときの方が繁殖しやすい。普段、皮膚表面は弱酸性だが、大量に汗をかくとアルカリ性になり、雑菌が発生し、すえたようなニオイになる。さらに体内に乳酸が増えると、汗に含まれる尿素とアンモニアが加わるのでニオイも強烈になるというわけだ。

 人間は通常、体内のクエン酸回路というシステムでエネルギーを生み出している。しかし、末梢血管の循環が悪くなって酸素不足になったり、栄養バランスが崩れたりすると、クエン酸回路ではなく、糖を消費する解糖系が働き、汗のなかに乳酸が増えてしまうので、アンモニア臭の原因になる。
 また、動物性の脂肪分を摂りすぎると、皮脂の活動が活発になりすぎて、皮脂腺のなかに留まって酸化しはじめ、不快なニオイになるのだ。

 では、こうした不快なニオイを防ぐにはどうしたら良いのか。食べ物でいえば、肉類、牛乳、チーズなどを多く摂ると体臭が強くなる。辛いものやニオイの強いニンニク、ネギ、ニラ、ラッキョウなどもニオイのもとになるので、暑いときには控えた方がよさそうだ。
 汗のふき方にもコツがある。大切なことは濡れたタオルでふくこと。乾いたタオルだと汗の成分だけをふきとり、他の成分を残したままになる。すると雑菌の繁殖を助け、ニオイのもとになる。
 制汗スプレーなどを脇や足にぬるのも有効だ。しかし、制汗スプレーを使い過ぎると、粘膜が萎縮するという副作用があるのでご用心。
 風呂の湯に、酢を入れて入浴するのも効果的、と前出・五味院長はいう。標準的な浴槽のお湯に、酢をコップ1杯ほど入れる。酢の成分のクエン酸には殺菌作用があり、皮膚の表面を酸性に保つので雑菌の繁殖を防げる。クエン酸は汗腺から吸収されて血行もよくなり、乳酸の生成も抑えるのでアンモニア臭も防げるというわけだ。
 そして、汗をかかない歩き方もある。これは京都の舞妓さんにヒントを得たものだが、舞妓さんは普通の人の3分の1の“遅さ”で歩くので、汗を抑えられるという。
 いかにも暑そうな着物姿だが、胸に高く結んだ帯が交感神経の活動を抑制する効果となって汗をかかないというのだが、男性が真似するわけにいかないところが残念だ。