自分の書いた本が書店に並んだら…と一度は妄想したこと、ありませんか? 
 もしかしたら、「今、自分の本を出すために執筆している」という方もいるかも知れませんし、「自分は本を出すほど立派な人間じゃないよ」と思われる方もいるかも知れません。

 ということで、新刊JP内でアンケートを実施。「自分で本を出してみたいと思う?」という質問をユーザーの皆さんに聞いてみました。(アンケート集計期間:2011年8月17日から9月24日、有効投票数156票)
 その結果はこちら!

1位 出してみたい(51%)
2位 頼まれても書くつもりはない(17%)
3位 テーマがあれば考える(12%)
4位 今はわからない(9%)
5位 すでに出している(8%)


 なんと、半数以上の人が「本を出しみたい」という回答でした。
 これまで敷居が高いと思われてきた自著本の出版ですが、各出版社から電子書籍の作り方ガイド本も出ているように、電子書籍の普及などによってその壁が低くなることが予想されます。今後、電子書籍というフィールドを中心に、新たな著者がどんどん生まれてくるのかも知れませんね。
 第2位は「頼まれても書くつもりはない」で17%。続く第3位は「テーマがあれば考える」で12%。自分の書くテーマがあれば考えたいというのは自然な動機かも?
 また、「すでに出している」という回答も8%ありました。どのような本を出版されているのか気になります。

 アンケートの結果はこうなりましたが、皆さんは本を出したいと思ったこと、ありますか?
(新刊JP編集部/金井元貴)


【関連記事】 元記事はこちら
男の8割は“恋人以外ともセックスしたい”
働く人たちにアンケート“ささやかな幸せを教えてください”
街の人の“座右の銘”を聞いてみた 最多回答は『一期一会』
女性をときめかせる男のしぐさ・行動3つ