テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

〜ダーリンハニー吉川コラム「1番ショートが夢だった」その10〜

1歳4カ月になる娘がいる。

僕にはこれといった強固な子育て方針はない。いろいろな人にまみれて無事に育ってくれればいい、くらいのぼんやりとした願いみたいなものしかない。

ただ絵本だけはいっぱい読んであげようと決めていた。

いろいろお話を聞くのは悪いことには思えないし、なんとなく僕にも出来そうだからだ。

生まれて最初に読んだ本がこれ。

0001
がたんごとん がたんごとん

おそらく百回以上は読んだと思う。鉄道好きだから選んだのではなく、書店に行ったら「No,1ヒット!」と書いてあったのでこれにした。安西水丸さんの絵も可愛いし、内容もひたすらシンプルである。がたんごとんと走ってくる汽車にくだものや動物が乗ってきて終点に着くというわかりやすいお話だ。

ただ「がたんごとん」という音だとリアル感に欠けるので、たまに「カカンカカン」や「ガゴンダゴン」に変更したこともあった。本物のSLを見たときに「音が違うじゃないか」と思わないようにという配慮からだ。汽笛の音、走り出すときの蒸気の音、ゆっくりと揺れる客車の音なども丁寧に再現した。そこらへんは律義な性格である。

とにかくこの本はヘビーローテーションで今までで一番読んだ絵本だと思う。

0002
なあんだ なんだ?

これもたくさん読んだ。内容はすべて覚えているしセリフも言える。この絵本は読みながら赤ちゃんの耳をピコピコしたり、お鼻をツンツンするのが特徴だ。読みながら触る。いいコミュニケーションになる。またうさぎさん、かばさん、ぶたさんが出てきて、動物の名前を覚えるにはちょうどいい。本当にお世話になった絵本である。

0003
あかちゃんもってる

吉田戦車さんの絵本である。最初はわりとすーんとした顔で聞いていたが、徐々にハマってきて最後は虜になった。ものすごい終わり方をする絵本なので、最初は意味がわからなかったのだと思う。出だしからして「おかあさんもってる だいこんもってる」である。ただこの世界感はなんとなく知っていてほしいと思ってたくさん読んだ。

0004
吉田電車

ちなみにこの本も大好きな本である。2、3回絵本を読んでいる中に差し込んだことがあるが、この本にも絵が出てくるので喜んでくれた。一見冴えない旅こそ、旅の真髄なのだということを教えてくれる本だ。地元ならではのB級グルメの紹介もそそられる。

おっと、少し話がそれてしまった。

0005
いないいないばぁ あそび

この絵本には仕掛けがあって、それがおもしろくて仕方ない様子だった。やぶけるほどに読んだ絵本だ。

0006
いないいない

0007
ばぁ

0008
いないいない

0009
ばぁ

毎回「ばぁ」がくるのはわかりきっているだろうに、何回読んでも喜んでくれる。大人になると相当なことがない限り驚かないし、驚いたとしてもすぐに忘れてしまう。また情報の氾濫で本当に驚くべきことも「ふーん」とスルーしてしまったりする。その点子どもは毎回驚かせても「ハッ」と驚けるのだからすごい。

0010
いないいない

0011
ばぁ

こういう差し込みもまれにやるが、すべてはお互い飽きないようにという配慮だ。読み手が疲れると読まれる方のテンションも明らかに下がる。全力で読むと全力で応えてくれる。たまには大人の愉しみも入れないといけない。

0012
あたまかたひざポン

これは音が出る絵本だ。ボタンを押すたびにいろいろな童謡が掛かる。いわゆる「手遊び絵本」と呼ばれるジャンルである。

0013
ボタンを押すと童謡が鳴る

僕の娘は手遊びが大好きだが、まだ1歳4カ月なのでうまくできない。ただ「むすんでひらいて」、「しあわせならてをたたこう」あたりを一生懸命やっている姿を見ると泣けてくる。僕も一生懸命やらないといけない。

0014
交通趣味

おっとっといけない。これはさすがにコアすぎるか。

他にもまだまだある。

0015
くっついた

これは結構泣ける絵本だ。あひるさんとあひるさんがくっついたり、きんぎょさんときんぎょさんがくっつくのだが、最後はあかちゃんと家族がくっつく。最初読んだ時はあまりのいい話にぐっときてしまった。僕は感動ものは弱過ぎて極力避けているので少しだけ困った。

0016
鉄道用語辞典

0017
古地図でたどる鉄道の知恵、線路の不思議

0018
東急ステンレスカーのあゆみ

おっとっと、またやってしまった。

でも三冊とも名著だ。

そして単語を覚えてもらいたい時にお勧めなのがこの絵本だ。




0019
赤ちゃんにおくる絵本

単純に「さる」「りんご」「シャベル」「ひこうき」など文字と絵が書いてあるだけのシンプルな絵本。しかしその後に「ウッキッキー」や「もぐもぐ」「ザクザク」「キーン」などを付けると、用途や意味を音で覚えられてとてもいい。これもリクエストがたいへん多い。

0020
トミックス・ジオラマワールド

0021
電車の運転

0022
鉄橋コレクション




たまに名著の差し込みが入ったのはご勘弁として、とにかく娘にはこれからもたくさん絵本を読んであげたいと思っている。そして多様な感性を身に付けてほしい。何ごとも正解は一つではないし、世の中にはいろいろな人がいる。その中で出来ることならさわやかに生きてくれればいいなと思う。

ただ、いつか「パパ」のことを「モハ」と呼ばないか心配だ…。
控えめに、控えめに。

0023
さすがにこれはまだ早いかな
続きを読む

この記事の元ブログ: 娘に読ませたい絵本


最新の人気記事はコチラ
もしも城が賃貸物件だったらこのエントリーを含むはてなブックマーク
英語で喋りたくナイトこのエントリーを含むはてなブックマーク
昔のアイドル文体を検証するこのエントリーを含むはてなブックマーク
急ぎでお願い!会社で使える「ゆるふわ催促カード」このエントリーを含むはてなブックマーク
大政奉還のプレスリリースを書くこのエントリーを含むはてなブックマーク
大政奉還のプレスリリースを書くこのエントリーを含むはてなブックマーク
会社でツラい時に使える「ゆるふわメッセージカード」このエントリーを含むはてなブックマーク