デモンズソウル&ダークソウルあるある 「メッセージに騙される」「大量のソウルを失った」

写真拡大




9月22日に発売したばかりのフロム・ソフトウェア渾身のアクションRPG『ダークソウル』が今ゲーマーの間で話題となっている。前作に当たる『デモンズソウル』のシステムを受け継ぎ更に遊びやすく、中継ポイントとなる『篝火(かがりび)』や回復アイテムの『エスト』が盛り込まれた。これにより前作のようにダンジョンの最初からやり直しということは無くなり回復もできるので激ムズでは無くなったかと思いきや、さすがデモンズの血を受け継いでいるだけあって難しい!
15時間プレイし既にレベル25に達した記者は、何回リトライしたことか。そして達成したときのこの喜びは誰に伝えれば良いのだろうか。
そんなわけで今回は『デモンズソウル』と『ダークソウル』のあるあるネタを紹介したいと思う。

・嵐1で黒ファントムに進入される。(デモンズ)
・黒ファントムが「エイエイオー」のジェスチャーをしたので良い人かと思って一緒に冒険に出たら後ろからズドン。(デモンズ)
・NPCにローリングアタックしてキレられる。(デモンズ&ダーク)
・メッセージに騙される。(デモンズ)
・アイテムを拾おうと飛び降りて転落死。(デモンズ)
・転落死したと思ったら何故か変なところに着地してる。(デモンズ&ダーク)
・死体が足にまとわりつく。(デモンズ&ダーク)
・骸骨と戦ってたらエイが槍を撃ってくる。(デモンズ)
・鉱石トカゲが墜落死 そして二度と蘇らない。(デモンズ&ダーク)
・近道のドアが開いた瞬間力が抜ける。(デモンズ&ダーク)
・数千ソウルをロストしたときの絶望。(デモンズ&ダーク)
・火防女(通称、かぼたん)を「かぼうおんな」と読んでしまう。実際は「ひもりめ」。(デモンズ&ダーク)
・どんなに頑張ってもキャラの顔がキモくなってしまう。(デモンズ&ダーク)
・NPCの前でコントローラーを床に置いたらR2(強攻撃)が暴発して攻撃。(デモンズ&ダーク)
・「チリンチリン」の音が怖い。(デモンズ)
・おっしゃー新しいザコか! → 赤目 → 死亡 (デモンズ)
・マルチでジェスチャーを間違えて、取り繕うために正しいジェスチャーを何回もやる。(デモンズ&ダーク)
・回復が遅くてイライラする。(デモンズ&ダーク)
・レベル上げまくったら簡単になってしまった。(デモンズ&ダーク)
・意外な方法でデーモン(ボス)があっさり倒せた。(デモンズ&ダーク)
・ボスを倒すと「ボクはやれば出来る子」と実感する。(デモンズ&ダーク)
・予想を超える難しさだった。(デモンズ&ダーク)
・ネットで話題になっているから買ってみようとお店に行ったらどこも売り切れ。(デモンズ)
・Amazonから未だに届かない。(ダーク)
・ンバサ(デモンズ)


などなど、『デモンズソウル』や『ダークソウル』には数々の名場面や珍プレイがあり、あるあるネタも多い作品なのだ。上記以外にもあるのだが、ネタバレになってしまうので今回は控えめに。とくに『ダークソウル』はボスの名前は出せないので『デモンズソウル』中心にお届けした。
みんなも『デモンズソウル』や『ダークソウル』のあるあるがある場合はこの記事にツイートして欲しい。

フロム・ソフトウェア『ダークソウル』と『アーマード・コアV』のイベントを幕張で開催

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。