ネイト・ディアズを相手に、どのようなファイトを見せてくるか。日本大会で、トップコンテンダーとして出場するためにも、ここを生き残って欲しい五味隆典だ

写真拡大

24日(土・現地時間)にコロラド州デンバーのペプシ・センターで行われるUFC135「Jones vs Rampage」には、日本から水垣偉弥、五味隆典の2人が出場する。これまでUFC戦績1勝2敗の五味と、1勝1敗の水垣、生き残りを賭けた一戦に挑むことになる。

昨年3月UFCデビュー戦でケニー・フロリアンに敗れ、8月にタイソン・グリフィンに勝利、今年の元旦にクレイ・グイダに敗れている五味。今回の対戦相手はTUFシーズン5ウィナーで、ライト→ウェルター級から再度ライト級に戻ってくるネイト・ディアズだ。

ご存知のとおり五味は、07年2月にPRIDE USA大会でネイトの兄ニックと対戦して、派手な殴り合いから最後はゴゴプラッタで敗れている。大会終了後、ニックがドラッグチェックにひっかかりノーコンテストとなったが、実質は一本負けを喫している。

弟を相手にリベンジというわけでもないが、ネイトは現在のMMAにあって五味にとって、手の合う相手といえるだろう。長いリーチをいかした打撃戦を好むこともあるが、何よりも相手の打撃をかわしてテイクダウン狙いという戦法を駆使しない真っ向から戦いを挑むタイプという点が、五味は持ち味を発揮しやすい相手となる。とはいっても、手が合う=イージーというわけではない。

長いリーチの対戦相手には、苦戦をする傾向がある五味。ましてや、組み際に得意の投げを許し、ガードを強いられるようだと、相当厳しい試合になる。今月6日のUFC日本大会開催会見の際、昨年6月にネイトと組み技スパーを経験している日沖発から、ネイトの情報収集を行っていたという話も伝わってくる五味、強豪相手に勝利するには、やはりスカ勝ちといえる打撃戦のなかでの一発だろう。

水垣が対戦するコール・エスコヴェドは三角絞めを得意とするファイターながら、日本のDREAMでは前田吉朗を蹴り技で倒しており、打撃戦でも意外性を持っている。打撃戦では水垣が有利と見られるだけに、当然、その打撃戦を避けてくるものと思われる。

水垣に必要なのは、リーチの差を殺すためにも、懐に飛び込むこと。最近、意識している組みと打撃の連係を――エスコヴェドのヒザを警戒しつつ――多用したい。両者ともに気になるのが、デンバーという標高1600メートル以上の都市でのファイトだ。スタミナ配分にも気を付けたい。
[全対戦カードはコチラ]