パナソニック電工(株)では、今年のイタリア・ミラノサローネ期間中にミラノ市内に出展した空間を、「パナソニック リビング ショウルーム 東京」の1階コミュニケーションスペースにて、2011年9月23日(金)〜12月18日(日)まで再現展示する。
今回の展示コンセプトは、「(standard)3 piano-forte(スタンダード3乗 ピアノフォルテ)」で、イタリア人デザイナーのフェルッチョ・ラビアーニ氏によるインタラクティブな展示を展開。「快適」と「エコ」の両立に向けた取り組みとして、LED照明や有機EL照明パネル(試作モジュール)、センサなどを使ったインタラクティブな空間の演出により、パナソニックが追求する空間における光の質を表現している。