ハーマンインターナショナル株式会社は、AirPlayに対応するDockスピーカーの新製品『JBL ONBEAT AIR』を、2011年10月上旬に発売する。

平行面が存在しないユニークデザイン 『JBL ONBEAT AIR』は、Appleのワイヤレスストリーミング技術であるAirPlayに対応したスピーカーだ。無線LAN(Wi-Fi)環境があれば、iTunesやiOSデバイス内の音楽を、ワイヤレスでストリーミング再生することができる。

また、本体上部のDockコネクタには、iPhone/iPad/iPodを接続することができ、音楽再生はもちろん、充電、リモコンによる基本メニュー操作が可能となっている。さらに、市販のUSBケーブルで本機とPCを接続しておけば、自動的に同期が行われる。

本体は、音質に悪影響を与える「内部定在波」を抑制するため、平行面が存在しないユニークなフォルムとなっている。また、安定性も高く、重量のあるiPadもしっかりとホールドしてくれるのだ。

本体内には、強力なネオジウムマグネットと独自のアルミコーンが搭載された45mmフルレンジスピーカーユニット「Phoenix SE」が2基搭載される。これを、高効率なデジタルアンプで駆動することで、高品位なサウンドを実現している。

本体サイズは、W275mm×D146mm×H150mmで、重量は約900gだ。なお、価格はオープンとなっている。


Editor's eyes オーディオメーカーの老舗JBLによるドックスピーカーに新機種が登場する。そのユニークなフォルムは、上質なインテリアとしても機能してくれるだろう。

▼外部リンク

ハーマンインターナショナル株式会社
詳細ページ


■関連記事
はさむだけで収納できるiPad用スリーブケース新発売
iPhone・Android・WindowsPhone スマートフォンのニュースをチェック! 無料
スタイリッシュな自立型iPhone/iPod対応オーディオシステムがヤマハから
気軽に使えるiPhone/iPod用プレーヤードック『PDX-13』がヤマハから
ソフトバンクモバイル公認「カバコレ」 自分オリジナルiPhoneカバーを作る!