雄二と翔子と幼い思い出 その2(画像:amazon.co.jpより)
©2011 Kenji Inoue/PUBLISHED BY ENTERBRAIN,INC.
バカとテストと召還獣2製作委員会


平成23年7月期「バカとテストと召喚獣にっ!」がテレビ東京、AT-Xその他で放映されています。

「バカとテストと召喚獣」は進級テストの成績で厳しくクラス分けがされている進学校「文月学園」を舞台に繰り広げられる物語です。
そして彼らはこうなった!第11話後半、坂本雄二は6年生3名から彼の私物(教室に置いてあるもの)に悪戯書きをされそうになります。

そこに霧島翔子がたまたまやってきてその現場を目撃します。そこで彼女はその悪戯書きを止めようとしますが…。

一度は自宅へ戻った坂本雄二、何かを思い出して学校へ戻ってくると、翔子が6年生に囲まれているのを目撃します。

そこで坂本雄二は、色々と葛藤(見て見ぬふりをする、先生を呼んでくる等)がありますが、翔子はいじめられているのがわかると彼女が転校させられる、そう考え、彼は自分一人の独断で6年生に殴りかかったことにします。

※そのおかげで有名中学への推薦入学も取り消しになってしまったようです。

このことが分岐点になり、世間一般的には転落していき、坂本雄二は現在に至るようです。しかしながら、このことが果たして悪かったと言えるのでしょうか?

霧島翔子はそれから7年以上経っても彼を一途に愛する(かなり過激ですが)のも、このときに彼のそれまでの学業が優秀なだけの存在から、アウトローながら彼女を守ってくれる存在に輝いて見えたのは間違いないです。

「バカとテストと召喚獣にっ!」第12回へ続きます。


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
「バカとテストと召喚獣」TVアニメ版公式Webサイト
OVA『バカとテストと召喚獣 ~祭~』上巻 [Blu-ray]
OVA『バカとテストと召喚獣 ~祭~』 下巻 [DVD]

■関連記事
【アニメ】「神様のメモ帳」第11話は「死に場所」な展開(ネタばれ注意)
【アニメ】「輪るピングドラム」第10話は「こわれかけのオルゴール」な展開(ネタばれ注意)
【アニメ】「BLOOD-C」第10話は「記憶」な展開(ネタばれ注意)
もはや定番!? しなハウスを覗いてきた 〜雨音的東京ゲームショウ(TGS)2011取材記〜
チョコボとスライムが目印!! スクエニ FF13-2プレイレポート 〜雨音的東京ゲームショウ(TGS)2011取材記〜