9月15日に創立1周年を迎えた星海社が、22日に新たに新書レーベルを立ち上げます。「星海社新書」として3冊同時刊行される予定です。

 講談社の社内ベンチャー事業として設立された同社は、今まで数々のフィクション、コミックを発行してきました。1年の準備期間を経て、乱立する新書の分野に参入するのは、もちろん勝算あってのこと。新書のヒットメーカー、元光文社の柿内芳文さんを擁しているからです。

 柿内さんの名前を知らなくても、『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』『ウェブはバカと暇人のもの』『非属の才能』などというタイトルを聞けば、わかる人も多いのではないでしょうか。今では長めの書名を新書につけるのは当たり前のことですが、最初に始めたのは柿内氏。光文社新書の成功がほかの出版社に波及したのです。

 今回出版されるのは、『武器としての決断思考』(瀧本哲史著)、『仕事をしたつもり』(海老原嗣生著)、『世界史をつくった最強の300人』(小前亮著)の3冊。毎月新刊が発行される予定です。

 21日からは星海社新書のWeb『ジセダイ』もスタート予定。編集者の日常を公開したり、新人賞を新設する予定だそうです。

 32歳にして同社の編集長となった柿内さんは、「『さおだけ屋』を越える本をつくる」と宣言し、星海社新書を「日本の未来を担う、20代・30代に向けた新書」「武器としての教養」と位置づけています。再び名編集者としてヒット作を世に出すのか。注目したいところです。



『星海社1周年―「星海社新書」創刊で3冊同時刊行』
 著者:瀧本哲史
 出版社:講談社
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『オリンピック出場を決めたなでしこ、強さの秘密は「言葉」にある』(2011年9月9日09:00)
『「探偵×ススキノ×大泉洋」のハードボイルド映画公開間近』(2011年9月9日08:00)
『きっかけは秋葉原無差別殺傷事件、さだまさしの小説『アントキノイノチ』』(2011年9月8日09:00)


■配信元
WEB本の雑誌