Aシリーズならタッチ操作が可能

写真拡大

Aシリーズならタッチ操作が可能

   ソニーは2011年10月8日、ポータブルオーディオプレイヤー「ウォークマン」の新機種(9機種)を発売する。

   新ウォークマンは全機種で高音質再生を実現したという。周囲の騒音を約98.0%カットする「デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載しており、付属のヘッドホンか別売のノイズキャンセリング機能搭載ウォ−クマン専用ヘッドホンを使うと、好きな音楽をクリアな音質で聞ける。また、全機種ともBluetooth機能を搭載しており、ドックスピーカーなど対応機器とワイヤレス接続すれば、家の中でも音楽を楽しめる。

   ラインアップは、フルデジタルアンプ「S-Master MX」などの高音質技術で「史上最高音質」をうたう「NW-A860シリーズ」、高音質再生で豊富なカラーバリエーションがある「NW-S760シリーズ」、専用スピーカー付属の「NW-S760Kシリーズ」、Bluetoothヘッドホンが付属する「NW-S760BTシリーズ」。Aシリーズには2.8型ワイドTFT液晶ディスプレイを搭載しており、タッチ操作できるのが特長だ。いずれもオープン価格。<モノウォッチ>

■J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!