(画像:amazon.co.jpより)
(C)NBGI/PROJECT iM@S

第11話「期待、不安、そして予兆」アニメ「アイドルマスター」第11話が放送された。

ついに、念願の765プロ感謝祭ライブの開催が決定した。

メインの竜宮小町の他、765プロ所属のアイドルたちが全員出演出来るとあり、プロデューサー、そしてアイドル達は大喜び。

新曲も用意され、胸を高鳴らせ、アイドル達はさっそく本番に向けて猛特訓を開始するのだった。

全員が息をあわせるという難しさ厳しいレッスンの中で実力差が如実に現れ、全員の息が合わず各アイドル達に厳しい指導が入る。全員負けずに真剣な表情でレッスンに取り組んでいるが、やはり思うようにはいかない様子。

レッスンのコーチは、難易度を下げるべきなのではとプロデューサーに持ちかけるが…。

仲間を支えるという事実力差で、どうしても皆のレベルについていけない雪歩とやよい。難易度を落としたくないと思う他のアイドル達は、2人をフォローして現状維持を行いたいとプロデューサーに訴えるのだった。

覚悟と責任感、そして憧れ目眩がして足をくじいてしまう春香、ついていけないまま上達する術が見いだせないやよい、そして足をこれ以上引っ張るのは嫌だと、ついには泣き出してしまう雪歩。皆の疲れは、ピークに達していた…。

何度頑張ってもうまくいかず、挫けそうになる瞬間。これは、誰もが経験された事があるのではないでしょうか。

そこでやめてしまい、夢を諦めてしまった人も多くいる事だと思います。あきらめない事、そして自分の力を信じ続ける事。今世の中で頑張っているアイドル達はそれを貫き通して、ようやく成功を手にした人たちなのだと思いました。

彼女達を見ているこちら側も、手に汗を握り応援せずにはいられません。苦労を共にする仲間たち、ここに絆があるのだと思いました。

レッスンが終わった後で、竜宮小町達のレッスンを見に行くメンバー達だが、竜宮小町のレッスンは気迫が違っていた。そこには、アイドルとしての責任感を感じさせるものがあった。

レッスンが前に進まず、くじけそうになっている中で、竜宮小町の高い実力を見せつけられたアイドル達は、一体何を思うのか…?
 
そしてがんばれば竜宮小町に入れてもらえると、プロデューサーの言葉を信じて頑張ってきた美希だが、竜宮小町をプロデュースしている律子から聞かされた言葉は…。

【記事:フェイトちゃん】

▼外部リンク
アイドルマスター
アイドルマスター 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

■関連記事
(ネタバレ注意)アニメ「まよチキ!」第11話、魔性の力
「東京ゲームショウ2011」近未来ファッションは脳波連動!?"ネコ耳"お披露目〜G・Joe?はかく語りき〜
デル・ピエロ選手、日本震災支援で多くの恩返しを〜G・Joe?はかく語りき〜
エイムラック、美人時計と提携し、Aipoアプリ「美人時計」をリリース
【009SH Y】ヤフーとソフトバンクモバイル、ホームアプリ「Yahoo!ホーム」搭載の「Yahoo! Phone」を発売