東京ゲームショウの韓国ブースが寂し過ぎる! おっさんがパソコンいじってるだけ

写真拡大




東京ゲームショウの「海外パビリオン」エリアに位置する韓国のブース『韓国コンテンツ振興院(3-N5)』が寂し過ぎる。これは『東京ゲームショウ2011』の1日目に記者が立ち寄った際に記者が実際に撮影したものなのだが、本当にこのままでこれ以外の物は何も展示されていなかった。

唯一あるのはおじさんが触ってるパソコン端末くらいだろうか。なかなか大きなブースなのにこんな勿体ない使い方をしても良いのだろうか? 海外パビリオンといえども出展は安くないはず。それに比較して台湾勢はタッチパネルの音ゲーやレースゲーム、ガンシューティングなどを展示しておりかなり賑わっていた。

海外パビリオン以外では韓国はLGが3D液晶モニターを展示していたり、ハンゲームブースがあったりする。一般日には何か別の物が展示されているのだろうか。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。