【サッカー】バルセロナに入団の久保くんが大会MVPを獲得

写真拡大

いまや、サッカーの世界において「1つの完成形」と言われることの多いスペインのFCバルセロナ。守備的で負けない(個人的につまらないと思う)サッカーが主流の時代に対して、攻撃的で勝つためのパスサッカーをかかげ世界を席巻してしまったバルセロナは、いまや多くのクラブにとっての目標となっている。

そんな世界のバルセロナの下部組織(カンテラ)に、10歳の日本人が入団し、活躍していることをご存じだろうか。その選手とは久保建英(くぼ たけふさ)くん、もともと川崎の下部組織に所属していた10歳の小学生だ。彼は日本のクラブ所属時に、現所属のバルセロナカンテラも参加した国際大会で活躍し、スカウトから声をかけられ、今年の8月に親とともにスペインへ渡りバルセロナに入団したのだ。

そんな彼が、まだ入団して1カ月になろうかというタイミングでの大会にて、早くもMVPを取ったという。この大会を観戦していた株式会社Amazing Sports Lab Japanの浜田氏によれば、久保くんは5試合に出場し、8ゴールを決め、見事に大会のMVPとして選ばれたとのこと。この大会でバルセロナが優勝できなかったことを考えると、よっぽど彼のプレーが光って見えた、と理解することができるのではないだろうか。とにかくチーム内だけでなく、外部の目から見て評価されたということを素直に喜びたい。

バルセロナといえば、そのカンテラで育った選手が世界中のクラブにて活躍するケースがとても多い。それだけ育成が上手であり、また、才能を見抜く目が確かだということだろう。そのお眼鏡にかなった久保くんが、このMVPをスタートとして、これからも順調に成長し、いつの日かバルセロナのトップチームに出場することを願いたい。

久保建英君、5試合8ゴールでバルサカンテラ初の大会でMVPに選出!

http://ameblo.jp/aslj/entry-11015379922.html

(中山 記男) http://airoplane.net/