人類のファッション史はめまぐるしいようで、実はその基本概念は変わらない。デザインや素材などインターフェイスの変動はあったものの、着る・脱ぐというハード部分は有史以来脈々と受け継がれている概念なのだ。

しかし、近未来、ここに「動かす」が加わるかもしれない。と、筆者は小さい頃から想像していた。そしてついに、この想像に類する製品が試験公開されている。

「東京ゲームショウ2011」(9月15〜18日、幕張メッセ)にて、脳波や生体センサーを使ったファッションアイテムなどを開発するというプロジェクト「neurowear」が新製品「necomimi」を出展している。

脳波センサーを使った「全く新しいコミュニケーションツール」と紹介されており、ヘッドフォンのようにかぶり、額と耳たぶにセンサーを当てる仕組みだ。

ネコ耳は「集中」していると耳がたち、「リラックス」していると耳が前方に垂れる。Bluetooth対応で、スマートフォンアプリで脳波の状態を確認する事も可能だ。尚、市場に出るのはまだ先だとし、来春の発売を目指しているという。

今回のアイテムそのものはポップなジョーク要素が強いものの、発想としてはとても画期的、近未来的である。今後、心地よさ、体調、対人感情など、あらゆる脳内の動きを察知し解析する技術と定義があれば、ファッションに応用する事が十分可能となろう。

また単純にファッションの枠に収めるのではなく、より社会的な人体装置として活用する事も可能なはずだ。「アイコンタクト」がより確実な意思疎通の手段となるか、近未来。

【記事:G・Joe?】


■関連記事
デル・ピエロ選手、日本震災支援で多くの恩返しを〜G・Joe?はかく語りき〜
エイムラック、美人時計と提携し、Aipoアプリ「美人時計」をリリース
【009SH Y】ヤフーとソフトバンクモバイル、ホームアプリ「Yahoo!ホーム」搭載の「Yahoo! Phone」を発売
この空気・・・まさに王者の風格よ!! モンハンブースは大混雑!! 〜雨音的東京ゲームショウ(TGS)2011取材記〜
【おやつ】明治、ラクトアイス「明治 ストロベリーホワイトチョコレートアイスバー」を発売