ケージを背にしてなお、首相撲から強烈なヒザ蹴りを突き上げるホルヘ・ロペス。パウンドは師匠よりも既に上か?!

写真拡大

17日(土・現地時間)、UFC Fight Night Live「Shields vs Ellenberger」が、ニューオリンズのアーネス・N・メモリアル・コンベンションセンターで開催される。ズッファのMMAイベントは5月末から7月第1週にかけて7大会が行われたが、このUFNも9月10日から10月8日の1カ月で6大会という過密スケジュールのなかの第2弾として開催される。

これだけのイベント数となると、初出場のファイターにはなかなか目が届かないが、今大会にはプレリミ前半戦に、チョット気になる選手がUFC初出場を果たす。

TUF13出演のジャスティン・エドワーズと対戦するホルヘ・ロペスは、キャリア11勝1敗でヴァンダレイ・シウバ率いるヴァンジ・ファイトチーム所属の22歳だ。

やや荒いが、豪快に前に出るスタイルで、今年に入ってからは米イベント=TPFではワッチム・スピリットウルフとデイヴィッド・マーシャルを破っている。

ウェルター級としては、ややスピード感に欠けるきらいはあるが、テイクダウンを切り、パンチを入れていくスタイルは、全盛期のヴァンダレイを思わせるものがある。ややもすれば大味に映るファイト内容だが、ツボにはまったときの爆発力は見ものだ。
[全対戦カード&詳細はコチラ]