日本受けは狙ってます? 海外メーカーに聞いてみた 〜雨音的TGS2011取材記〜

写真拡大

(画像:TGS2011会場にて)

海外からの出展、台湾 FUN YOURSがやりおる。
お昼を済ませた雨音は学生ブースでも見に行こうかと思っていたのに、気がついたら海外メーカーのブース前で足を止めていました。

なんとなく「まだ日本でサービスインしていない面白い物はないか」と覗いていたのですが、とあるメーカーの前で足が止まってしまいました。

それが台湾メーカー『FUN YOURS(弘)』さんです。

画像を見るとお解かりいただけると思いますが、とても日本受けしそうなキャラデザインなので、思いきって質問してみました。

お相手いただいた女性スタッフ(ショートヘアの眼鏡女子)さんはなんとか日本語が話せるレベルだったので、一部私の脳内補完が入りますが御容赦ください。


雨音 「とても可愛いグラフィック、キャラデザインですが日本のマーケットを意識しているんですか?」

スタッフ 「はい、どんな物が受け入れられるのか、日本マーケットの動向はとても重要視しています。」

雨音 「『ル・シエル・ブルー(Le Ciel Bleu)』が日本でサービスインした頃は男女問わず「可愛い」と話題になりましたね。(FUN YOURSのタイトル)アジアではオンラインゲームといえば中国・韓国が台頭していますが、これから台湾も伸びてきますか?」

スタッフ 「中国・韓国・日本に負けないオンラインゲームが台湾にはたくさんあります。もっと認知してもらえるようにして行こうと思っています。」


TGS2011には海外メーカーも多く参加しているので、今後日本でサービスインするかもしれない人気タイトルを一早く見る事が出来るチャンスです。各ブースには通訳さんや日本語が話せるスタッフがいる場合多いので、興味がある方は足を運んでみるといいでしょう。

【記事・雨音】

■関連記事
西尾維新さんの作品「偽物語」2012年1月にTVアニメ化決定!トレーラー第1弾も公開
【PSP】バンダイナムコゲームス、「ゴッドイーター2(仮題)」を開発
天気予報も萌えの時代!? 『萌えテレ』をご紹介!!〜雨音的TGS2011取材記〜
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」フジテレビで一挙放送!
【ネットトレンド】遂にiPhone5の製造開始か!?