日本が誕生して今年で2671年。日本に生まれた人たちは、自分の国に八百万の神がいるのをいいことに、いろいろな願いを祈りまくってきたと言えます。「困ったときの神頼み」だけではありません。家内安全、商売繁盛、恋愛成就、合格、交通安全、健康、厄除け...。私たちのDNAには、しっかりと神様との"フランクな関係"が刻み込まれているのではないでしょうか。

 「お願いの数だけ神様がいる!」というコピーで、発売以来、好評を博しているムック、それが『ご利益別ピンポイント神社』。同書では、首都圏の100のパワースポットが紹介されています。この本のおもしろいところは、「大人女子のわがままをかなえる」ため、願い事の種類による「神社ランキング」を発表している点。そのうえ、願い事が細かく分類されています。

 たとえば、普通なら「恋愛成就」「縁結び」でくくるところがこんな感じです。「ただの友達から彼氏に発展したい!」「映画のような出会いがしたい!」「なんとしても1年以内に結婚したい!」「別れた彼氏とヨリを戻したい!」。

 神様でなければ「いい加減にしなさい」と怒られてしまうような、わがままな願いが目白押し。しかも、ベスト3まで発表されています。「ランキングは統計的な裏付けがあるの?」なんていう野暮な質問をしてはいけません。女性の口コミ、うわさによってランク付けされているので、ある意味リアルです。

 「あやかる」という言葉を信じて、休日のお出かけプランの参考にしてみてはいかがでしょうか。



『「別れた彼氏とヨリを戻したい!」がかなう神社はどこ?』
 著者:
 出版社:マガジンガウス
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『「探偵×ススキノ×大泉洋」のハードボイルド映画公開間近』(2011年9月9日08:00)
『きっかけは秋葉原無差別殺傷事件、さだまさしの小説『アントキノイノチ』』(2011年9月8日09:00)
『電子書籍ストア「honto」で上半期1位など高い人気『プリンセス・トヨトミ』』(2011年9月7日09:00)


■配信元
WEB本の雑誌