厚生労働省は、次世代育成支援対策推進法に基づく「子育てサポート企業」の認定企業数が1000社を超えたと発表した。

 7月末時点の全国の認定企業は1121社で、前年から201社増加した。従業員数300人以下の中小企業は186社で、認定企業数に占める割合(16.6%)は過去最高となっている。認定企業は、次世代認定マーク(愛称:くるみん)を商品、求人広告などに表示してアピールすることができる。

 次世代育成支援対策推進法が策定や届出を義務付けている、企業が子育てをサポートするための「一般事業主行動計画策定届」の届出数は、7月末時点で6万5321社となっている。

 届出率は、従業員301人以上の企業は95.8%、従業員数101人以上300人以下の企業は85.6%。今年4月から新たに策定が義務付けられた「101人以上300人未満」の企業からの届出が大幅に増加した。

育休取得率 男女ともに低下
働く女性が過去最多、医療・福祉分野で雇用が増加
人材採用で女性社員の活躍を推進、リーダーシップが課題

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。