ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は、2011年12月17日(土)より発売する次世代携帯型エンタテインメントシステム「PlayStation Vita(プレイステーション ヴィータ)」(PS Vita)3G/Wi-Fiモデルにおいて、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下、ドコモ)が新たに提供する「データ通信専用プリペイドプラン」に対応する。PS Vitaの3Gネットワーク通信機能を通してこれまでにないインタラクティブなエンタテインメントを多くのユーザーに楽しんでもらうことを目指し、日本国内を広範囲にカバーし高いネットワーク品質を誇るドコモの提供するデータ通信専用プリペイドプランを採用している。

今回対応する「プリペイドデータプラン 20h」:980円(税込)と「プリペイドデータプラン 100h」:4,980円(税込)の2つのプランは、一定時間3Gデータ通信が利用できるプリペイド方式のデータプランだ。

携帯電話ショップなど店頭での手続きを行う必要がなく、また使い過ぎによる不慮の高額請求の心配もない、手軽で安心なプランとなっている。また、ドコモの携帯電話を持つ方は、その携帯電話によるドコモ ケータイ払いでの支払いにも対応する予定。また、PS Vita(3G/Wi-Fiモデル)では、同プランの他、ドコモが提供中の「定額データプラン」も利用できるため、ユーザーがそれぞれのプレイスタイルに合ったプランを選択することができる。

場所を選ばずにネットワークにつながる3Gデータ通信を利用することで、ユーザーは生活のどの場面からでも、インタラクティブなエンタテインメント体験を周囲のユーザーと共有し、コミュニケーションの輪を広げていただくことが可能になる。

PS Vitaに標準搭載される位置情報を利用するアプリケーション「near(ニア)」では、プレイヤー毎のゲーム情報を時間と距離を超えて共有することができ、PS Vitaを持ち歩くだけで「人気のゲームを見つける」「アイテムを見つける」「仲間を見つける」といったエンタテインメントを生み出してくれる。

また、SCEJから発売予定のPS Vita専用ソフトウェア『みんなのGOLF 6』(2011年12月17日発売予定)では、フレンド同士でショット情報をメールのように送受信し合う、ターン制の通信対戦モードを搭載予定だ。ユーザー同士の対戦でありながら自分のペースで楽しめる同モードは、3Gデータ通信を利用することで、時間と場所にとらわれることなく、気軽に楽しむことができる。

株式会社チュンソフトより発売予定のPS Vita専用ソフトウェア『真 かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト)』(2011年12月17日発売予定)には、シリーズ初となるオンラインモードが搭載される予定。この、1ルーム最大10人で指定された期日までに同じ事件の解決を競い合う「みんなでかまいたち」モードでは、推理・捜索・などを通したユーザー同士の手に汗握る駆け引きを、3Gデータ通信を利用することで、いつでもどこででも楽しむことができる。

PS Vitaが3Gデータ通信に対応することで拡がる新しいゲームの楽しみ方を、多くのユーザーに実感・体感してもらうためのキャンペーンとして、PS Vita(3G/Wi-Fiモデル)には、あらかじめ初回分の利用料金(初回限定版の50万台には「プリペイドデータプラン 100h」、限定版(数量限定)には「プリペイドデータプラン 20h」)および契約事務手数料(2,100円税込)が契約されたドコモUIMカードがそれぞれ同梱され、ユーザーは本体を購入後、特別な手続きを行う必要なく、PS Vitaの電源を入れてすぐに3Gデータ通信をお楽しめるようになっている。

【記事:猫またぎ】


▼外部リンク

ソニー・コンピュータエンタテインメント | Sony Computer Entertainment Inc.
NTTドコモ ホーム


■関連記事
マドンナ、トロント映画祭では騒ぎなしも「物足りない」!?〜G・Joe?はかく語りき〜
【東京大学】自転車ブロッコリーテロの主犯が明らかに
マドンナ、ベネチア映画祭で失敗で謝罪ビデオ作成!「わたしアジサイって死ぬほど嫌い。・・・」【G・Joe?はかく語りき】
シャープ、1年満たず「ガラパゴス」電子書籍端末撤退【G・Joe?はかく語りき】
SCEJ、次世代携帯型エンタテインメントシステム「PlayStation Vita」を12月17日に発売