年々増え続ける日本の韓流ファン。最近では“イケメン俳優”だけでなく、K-POPの男女アイドルグループも次々と日本に上陸、日本人ファンを魅了している。しかし、こうした韓流芸能人が実は韓国内では「反日」を叫んでいるとしたらどうだろう。知られざる韓流芸能人の「独島(竹島の韓国での呼称)パフォーマンス」の実態を韓国在住ジャーナリストの竹嶋渉氏がレポートする。
 * * *
 2005年2月、韓国駐在日本大使の「竹島は日本の領土」という発言が問題となり、韓国ですさまじい反日運動が起こった。その時、すでにブームになっていた韓流芸能人の独島認識に関心が集まったのだ。

 当時、独島問題が連日連夜マスコミに大きく取り上げられ、日本に対する糾弾集会やデモが盛んになると、黙っていてはまずいと思ったのか、この機会を利用して自分が愛国者であることをアピールして人気上昇を図ろうという下心なのか、それとも純真無垢な愛国心の発露なのか、独島とまったく縁もゆかりもない芸能人が盛んに独島関連発言やパフォーマンスをするようになった。

 それを報じるマスコミも独島とはまったく関係のない場で独島に関する質問をぶつけ、芸能人の愛国心をテストしようとする傾向が見られるようになった。

 2005年3月、女優のハン・ヘジンが自分のドラマ出演料の一部を独島守備隊に寄付することを明らかにし、独島問題に関して「日本で活動するのは気が重い」などと発言。

 同じ頃、俳優、イ・ジョンジンは映画『マバド』(内容はこれも独島とは無関係)の試写会における記者会見で「独島は韓国の土地ということは当たり前の事実」「日本はとんでもない」などと語った。

 また、この映画に出演した女優キム・ウルドンとその息子ソン・イルグク(俳優)らも「独島を守り抜こう」と発言、「独島守護」を目的とした募金活動などを行なっている。

 4月にはキム・テヒとイ・ワンの姉弟が韓国のスイス親善大使としてチューリヒなどを訪問、独島が韓国の領土であることを知らせるためのTシャツや「独島は我が領土」のCDを配布すると報じられた。

 また俳優、キム・レウォンは独島守護のためのサイン会などを開催し、「独島探訪団」という団体を率いて独島を訪問する計画を明らかにしている。

 ただし、当時はこうした芸能人の独島関連の言動が日本国内で大きく問題とされることはなかった。日本人の竹島に対する関心の低さゆえである。それを十分計算に入れて「日本での活動を放棄する覚悟」で発言する強硬派も現われた。

 2008年7月、女優、ク・ヘソンが国内マスコミのインタビューに答える形で独島は韓国領土であると主張した後、「日本政府の意図がまったくわからない」と日本政府の姿勢を批判した。「このような考えが今後の日本での活動の障害となるのなら、敢えて活動を中止する」とまで述べている。ク・ヘソンの知名度が日本では低いため、当然この発言が芸能活動の障害になることもなかった。

 このころ、日本での韓流は映画、ドラマからK-POPへとその中心が移りつつあった。その最中、アイドルグループ「少女時代」が「独島は我が領土」を歌うという珍事が起こった。

 これは2008年6月にソウルのオリンピックメイン競技場で行なわれたドリームコンサートのリハーサルの出来事で、本番では歌われなかった。ところが、このリハーサルの模様が動画投稿サイトに投稿され、日本国内でネットを中心に韓流芸能人の独島関連言動を批判する声が高まった。

 今年に至っては、こうした言動をまったく報じないまま韓流芸能人を出演させているテレビ局に対するデモまで発生するにおよび、ようやく韓国人も独島関連言動が日本における芸能活動の障害になってきたことを認識しはじめたようである。

 国内では称賛の対象であり、人気獲得の手段となっている独島関連言動が、国外では反感と指弾の対象となり、韓国が国家規模で推進している「文化コンテンツ事業」の足を引っ張る結果となっていることは皮肉な限りである。

※SAPIO2011年10月5日号