自分の手足を外して投げつけたり、首だけになって通風口を転がって進んだりするコナミの不死身アクションゲーム「NeverDead」が、東京ゲームショウ2011にプレイアブル出展されていました。

「本タイトルの主人公は人間ではありません。悪魔の身体で不死身です。危険なので絶対に真似をしないでください。」というメッセージで始まる新しいPVも放映され、そのとんでもないゲーム性が明らかになっています。

NeverDead Official Site

東京ゲームショウ2011 KONAMI出展情報 | KONAMI

コナミブースに設置されている「NeverDead」コーナー。


東京ゲームショウ用のPVが放映されています。


下のムービーが東京ゲームショウ用のトレーラームービー。各キャラクターの声優もここで見ることができます。

NeverDead(ネバーデッド) TGS 2011 Trailer - YouTube


主題歌はメガデスの新曲「Never Dead」。下のムービーから主題歌を聴くことができます。

NeverDead(ネバーデッド) gamescom2011 Trailer - YouTube


試遊しようとすると、外からは見えないようにカーテンで覆われた、ブースの奥の小部屋に連れて行かれました。


中ではまずプロモーションムービーが流され、「不死身だからメチャクチャやって大丈夫」という趣旨の説明を受けます。


さらに奥へと通され、試遊室へ。


8台の試遊台が設置されていました。



ゲームとしては正統派のTPSですが、主人公の腕や足がことあるごとに吹き飛びます。このシーンでも主人公は片腕、片足が取れた状態で戦っています。


ボタンひとつで簡単に腕を取り外し、敵に投げつけることができます。外した腕に銃器を持っていれば、投げたり敵に食べさせたりした状態でも攻撃が可能。


敵の攻撃を受けると手足が吹き飛び、時には胴体すら失ってしまうことがありますが、不死身なので主人公はそのまま戦い続けます。


吹き飛んだり外して放り投げたりした手足は回収が可能。


両腕がそろっていれば両手に銃を持って激しい銃撃を繰り出すことができます。


吹き飛びつつ銃を撃つ主人公の腕。




頭だけになっても腕を操って戦うことができます。


爆発に巻き込まれても不死身なので大丈夫。


炎をまとってより強力な攻撃を繰り出すことができます。



「NeverDead」は今冬発売予定。PS3とXbox 360のマルチタイトルとなります。

・関連記事
東京ゲームショウ2011全記事一覧まとめ - GIGAZINE

首だけで転がって戦う主人公が怖すぎるコナミの新タイトル「Never Dead」で実際に首だけになってみたプレイムービー - GIGAZINE

コナミのオンライン対戦アーケードクイズゲーム「クイズマジックアカデミー7(QMA7)」、本日から稼働開始 - GIGAZINE

記事全文へ