「全身でゲームしよう」というテーマのもと、アーケードゲームの新作が一同に会する「第49回アミューズメントマシンショー」が開幕しました。本日9月15日(木)、16日(金)は業者招待日、一般公開日は2010年9月17日(土)となっています。

今回はカプコンが人気タイトル「モンスターハンター」のメダルゲームタイトルを引っさげて参戦、史上初の試みとして「東京ゲームショウ2011」と同時開催するなど、アミューズメント業界、さらにはゲーム業界全体の変化を感じ取れる内容となりそうです。

アミューズメントマシンショーVol.49
http://www.am-show.jp/


会場に到着。紅白の横断幕の前に関係者が集まっています。


「第49回アミューズメントマシンショー」のポスターがいたるところに貼ってありました。


開会式が始まります。




社団法人日本アミューズメントマシン工業協会の里見治会長は、あいさつの中で「今回は初めて東京ゲームショウ2011と同期間に同会場で開催することとなりました。困難な状況にあるゲーム業界は、アミューズメント、コンシューマーという壁を乗り越え、一体となって再成長に向けて前進する必要があると認識しています」など、ゲーム業界の今後の展望について語っていました。


「東京ゲームショウ2011」との同時開催の効果もあってか、開場直後からかなりの人出。


ブースはこんな感じ。これから各社の新作タイトルなどを見ていきます。


・関連記事
「AOU 2011 アミューズメント・エキスポ」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

第48回アミューズメントマシンショー開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

第47回アミューズメントマシンショー開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

第46回アミューズメントマシンショー開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

記事全文へ