毎日コミュニケーションズの「2012年卒マイコミ内定率調査」によると、2012年卒業予定の大学生・大学院生の8月末時点の内々定率は前月比5.5ポイント増の58.5%となった。東日本大震災の影響が心配された東北地域の学生は全国平均とほぼ同水準となっている。

 文理男女別に見ると、理系男子が最も高く67.2%(前月比7.3ポイント増)。次いで、理系女子59.3%(同5.2ポイント増)、文系男子57.0%(同2.7ポイント増)、文系女子52.6%(同6.8ポイント増)となっている。

 地域別(学生の現住所)に見ると、北陸(63.8%)、四国(62.1%)、甲信越(61.8%)が6割を超えている。東北は58.2%で前月から12.4ポイント上昇した。

 内々定保有者の今後の活動では、全体の76.1%が「内々定先に満足したので終了する(終了している)」と回答している。

第一志望の会社に入れた新入社員は約半数
新成長を目指す人材戦略〜変質する人材採用のルール
人材採用の専門誌が評価する「人材コンサルティング会社」

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。