PhotoVision SoftBank 008HW

写真拡大 (全10枚)

 ソフトバンクモバイル株式会社は、音声付きの動画再生に対応したファーウェイ(Huawei)製の通信機能付きデジタルフォトフレーム「PhotoVision SoftBank 008HW」を9月23日より発売する。

 動画ファイルはMP4、3GP、3GP2に対応し、携帯電話などからメールで届いた写真や音声付きの動画再生が可能。また、緊急地震速報のほか、天気予報や日付、時計などのウィジェットを画面の下に表示する機能や、目覚まし時計の機能も搭載している。遠隔操作で一括管理できる「法人フォト管理サービス」も利用可能だ。

 本体の薄さは約20mmで液晶サイズは9インチ。W-CDMAの通信に対応し(国際ローミングは不可)、携帯電話などからメールで送った写真や動画は操作しなくても自動でスライドショーへ追加される。また、音楽再生にも対応しておりMP3、WAV、MIDI、Oggの各形式が利用できる。

 内蔵のメモリーは約1.7GB。また、SDHCカードスロットを備え、最大32GBまでのSDHCカードに対応する。

 また、PhotoVision 008HWの新規購入者(先着3万名)を対象として、「PhotoVision 008HW 保護デコシールキャンペーン」を実施。全3色(レッド/ブルー/ピンク)のうち好きな色1色液晶を保護し、枠を好みの色にカスタマイズできるシールをプレゼントする。


■関連ニュース
パナソニック、デジタルカメラ「LUMIX」の新モデル2種とデジタルフォトフレーム
無線LAN搭載で写真の共有が可能なデジタルフォトフレーム
憧れのヒロインよ永遠に! 「ウルトラセブン」アンヌ隊員がテーマのデジタルフォトフレーム
フォトフレームや時計、カレンダーにもなる10V型地上デジタルテレビ