25歳〜34歳の平均貯蓄額は320万円と2年連続で増加した。インテリジェンスが、関東、関西、東海地区在住の25歳〜34歳のビジネスパーソン5000人を対象に貯蓄額の実態調査を行った。

 25歳〜34歳の平均貯蓄額は320万円と2年連続で増加している。昨年に比べて貯蓄額が増加した人は30.2%になり、減少した人14.2%の約2倍になった。

 貯蓄額が増加した理由として最も多かったのは「定期的に貯金した」ため。そのうち積み立てや財形貯蓄など自動的に貯金する方法をとっている人が約4割、給与から一定額を自身で貯金に回している人が約6割となっている。

 次いで多かったのは「節約した」ため。外食や買い物を控えたという回答よりも、不況を境に家計の収支バランスを見直したというように、生活費の根本的な改善を行ったという回答が目立っている。

 3位の「給与が増えた」、6位の「ボーナスが増えた」は、景気が低迷していた昨年の調査では10位以内にランクインしていなかったが、「景気の回復により給与やボーナスがリーマンショック以前に戻った」「残業代が出るようになった」という回答が見られる。

 一方、減少した理由には「給与が減った」(1位)、「ボーナスが減った」(7位)など実質的な収入の減少があるほか、「家の購入・引越し」(2位)、「結婚費用」(5位)、「出産・養育費」(6位)など生活の変化にかかわるもの、「車の購入」(4位)、「海外旅行」(9位)といった趣味にかかわるものが上位にあがっている。

 調査は、3月5日〜3月6日の期間、関東、関西、東海地域在住 ホワイトカラー系の正社員として就業中の25〜34歳の男女を対象に、インターネットリサーチを実施し、5000件の有効回答を得ている。

世界で生計費が高い都市 東京2位
日本の専門職 3分の1が昇給なし
大多数が、仕事帰りは「まっすぐ帰る」

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。