初代プレステタイトルが遊べるゲームパッド付きAndroidスマートフォン『Xperia PLAY SO-01D』は10〜11月にドコモから発売へ

写真拡大




海外では既に発売されていましたが、初代『プレイステーション』タイトルが遊べるゲームパッド付きAndroidスマートフォン『Xperia PLAY』の日本での発売が決定しました。NTTドコモが『Xperia PLAY SO-01D』として10〜11月に発売します。

Android端末で初代『プレイステーション』などのゲームをプレイできる『PlayStation Certified』に対応。本体をスライドさせると、方向キー、△○×□ボタン、アナログスティック代わりになるタッチパッドを搭載しています。購入時には『クラッシュ・バンディクー』や『みんなのGOLF2』など5タイトルのゲームがプリインストールされているほか、『PlayStation Store』から初代プレステタイトルの購入とダウンロードが可能。『Androidマーケット』にも対応し、通常のAndroidアプリもダウンロードできます。

OSはAndroid 2.3。約4.0インチ、854×480ドットのフルワイドVGAディスプレーを搭載します。510万画素のカメラと約30万画素のインカメラを搭載し、メインカメラは720pのハイビジョン動画の撮影にも対応。『Xperia』シリーズでおなじみの楽曲情報にアクセス可能なミュージックプレーヤー、『Facebook』『Twitter』『mixi』の更新情報を一覧表示できる『Timescape』、本体機能を『Facebook』と連動させる『Facebook inside』といった機能も利用可能。スマートフォンをWi-Fiルーターとして利用できるテザリングにも対応しています。

『Xperia PLAY SO-01D』主な仕様
サイズ:約W62×D120×H16.4mm
重量:約175g
連続通話時間:約340分(3G)、約450分(GSM)
連続待ち受け時間:約480時間(3G)、約300時間(GSM)
ディスプレー:約4.0インチ フルワイドVGA TFT 液晶 480×854ドット 1677万7216色
OS:Android 2.3
内蔵メモリー:512MB(RAM)、1024MB(ROM)
CPU:Snapdragon MSM8255 1GHz
カメラ:有効画素数約510万画素 CMOS
インカメラ:有効画素数約30万画素 CMOS
外部メモリー:microSDHC(最大32GB)
Bluetooth:対応
Wi-Fi:IEEE 802.11 b/g/n
テザリング:対応
カラー:Black