日本橋

写真拡大


日本橋(にほんばし)は、東京都中央区の日本橋川にかかる、中央通りの橋梁。一年に一度、日本橋を洗うイベント「橋洗い」が、名橋「日本橋」保存会と東京国道事務所により開催されています。

現在の日本橋は第二十代目で架橋100周年


1603年(慶長8年)、徳川家康により架けられた、初代の木造りの日本橋。火災による消失と架け替えが繰り返され、1911年(明治44年)、現在も使われている石造りの橋が架けられました。
2011年(平成23年)、架橋100周年を迎えた現在の日本橋は、第二十代目となります。

日本橋は毎年7月に、道路を封鎖して美化に努める「橋洗い」が行われています。41回目となる今回は、2011年(平成23年)7月31日に行われました。

日本橋は、国道である中央通りに架けられた橋梁です。真上に通る薄い緑色の壁面は首都高速道路の高架で、日本橋ではありません。
img_b-02
日本橋は、日本における国道の起点とされています。日本橋の中央には「日本国道路元標」が埋め込まれています。
img_b-03
橋洗いで使用されるブラシは約500本、用意されています。
img_b-04
日本橋川へ投入される、河川の洗浄を促す「EM団子」は約4,000個、用意されています。
img_b-05
11時30分より主催者・来賓の挨拶が始まります。日本橋浄化セレモニーとして、EM団子が投入されます。
img_b-06
日本橋「橋洗い」の作業が開始されます。消防庁の放水による洗浄が始まります。
img_b-07
道路の中央にあり、普段は触れることができない日本国道路元標も、参加者によって徹底的に洗われます。
img_b-08
首都高速道路にかかる銘版も、放水により洗われます。
img_b-09
東京国道事務所の散水車による仕上げ洗浄が始まります。
img_b-10
これにより、日本橋「橋洗い」は終了となります。

日本橋船着場に隣接する双十郎河岸


2011年(平成23年)4月3日、日本橋の橋詰に「日本橋船着場」が完成しました。全長20メートル、幅6メートルの浮桟橋型。水域を有効に活用し、江戸の風景をよみがえらせるためにつくられました。
船着場に隣接する通称「滝の広場」にはこれまで、河岸としての名称はありませんでしたが、このたび「双十郎河岸」と名づけられ、13時45分より記念碑セレモニーが行われます。
img_b-11
歌舞伎役者の、坂田藤十郎さんと市川團十郎さんが、屋形船の屋上に乗って登場します。
img_b-12
主催者・来賓の挨拶が始まります。「双十郎河岸」は、二人の十郎からとって命名されました。
img_b-13
石碑除幕が行われ、周囲は大きな拍手に包まれます。
img_b-14
この後、COREDO室町にある日本橋三井ホールにて、市川團十郎さんによる「助六由縁江戸桜」と坂田藤十郎さんによる「藤娘」が「日本橋架橋百周年記念公演」として披露されました。

日本橋の架橋100周年にあたる今年は、約1500人の人々により橋が洗われ、双十郎河岸の記念碑セレモニーにより盛大なイベントとなりました。

今後も、日本橋を中心とした文化や経済が大きく発展していくことでしょう。

今回の記事をもう少しだけ詳しく読みたい方は「日本橋(架橋100年)橋洗い - ラジエイト」をご覧ください。

■関連記事
スカイツリー開業でどう変わる? 「業平橋」バス停をめぐる考察
東京銭湯王国・北千住銭湯巡礼 その壱・東口編
看板建築は屋号が美しい
どこまでが外蛇口なのか?
あるマンホーラーの夏休み旅行