110914NEWStango01.jpgインターネットや、TwitterなどのSNSの普及で、便利になった反面、直接人とコミュニケーションする機会が少なくなったと感じている方もいるはず。そんな中、ふと人のぬくもりに触れたとき、固まっていた心とカラダが、一気に解きほぐれるような感覚を感じたことはありませんか?

人との触れ合いがもたらす心身への効能は、想像以上に大きいもの。海外では、抱擁が原型のペアダンス「タンゴ」が、「タンゴセラピー」として医療やカウンセリングの現場でも用いられているそうですよ。※参照元:タンゴで元気、タンゴセラピー

110914NEWStango02.jpgアルゼンチンの首都、ブエノスアイレスで19世紀末に発祥したタンゴは、1950年代に日本にも渡り、現在では日本全国にたくさんの教室があります。タンゴというとセクシーなダンスや、アクロバティックな動きなど、激しいイメージを抱いている人もいますが、本来は“アブラソ(抱擁)”が基本です。

具体的には、抱き合う形から少しカラダを離し、女性は左手を男性の肩甲骨あたりに置き、右手は男性の手を取ります。男性の左手は女性の背中に。女性はこの体勢でステップを踏みながら後ろに移動していく、そんなダンスです。

その間、女性は後ろを見ないで後退するため、相手の男性と呼吸が合わなければスムーズに進むことはできず、信頼関係とコミュニケーションが十分でないと、踊れないダンスなのです。

ヨーロッパでは、パートナーとの関係修復や、カップルカウンセリングの現場などでこのタンゴが用いられ、日常では、男性並みにバリバリ働く女性も、ここでは男のリードに身を委ねるかわいい女性に。草食男子もここでは、自分の女性を自慢げにみせながらつれ歩く頼もしい男性といったイメージで踊ることで、女性性、男性性を見直すきっかけになるかもしれませんね。

また、タンゴにおいて女性の動きは後ろに歩くものが多く、普段意識しない肩甲骨周りとや、ももの後ろ側の筋肉が鍛えられ、美しい後ろ姿を手に入れることもできますよ。ステップよりも、美しく歩くことを繰り返し注意されるタンゴ、回を重ねるごとに姿勢がよくなり、O脚も徐々にまっすぐになる方もいるほど!

最近ケンカが絶えない、頼りない、ついつい強く当たってしまうなど、パートナーとの間で悩みを抱えているという方は、2人中を修復して、コミュニケーションも円滑にしてくれるタンゴに誘ってみては?

(松田朝子)


■ あわせて読みたい
オトナの女性の知的好奇心をスイーツで満たす!? 土曜夜の「グレーテルのかまど」
石井ゆかりさんの最新刊「星をさがす」で、願いを叶えてくれる自分の星を見つけよう!
カゼ・インフルエンザ予防に! 意外と多い口腔内細菌をキレイに保つ舌専用ブラシ
世界を変えるフェアトレード自転車! 究極のエコ素材「竹」でできたZAMBIKES
ミツバチ失踪ミステリー! そのワケとは……?
【本日公開】これぞロハスライフ!  原田知世&大泉洋が手作りパンで迎える 映画『しあわせのパン』
天ぷら鍋から女性の肌までツルツルにする不思議なナチュラル洗剤「とれるNo.1」!
お買い物でエコアクション! コレを読めばあなたもオーガニックを選びたくなる!?