株式会社カプコン <9697> は13日、ニンテンドー3DS向けゲームソフト『モンスターハンター3(トライ)G』、『モンスターハンター4(仮題)』の発売を決定したと表明した。

 「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲーム。「友人と協力して強大なモンスターに挑む」という通信協力プレイが新たなコミュニケーションスタイルを確立し、「モンハン現象」と呼ばれる社会現象を巻き起こした。2004年の第1作目発売以降、徐々にファンを増やし、これまでにシリーズ累計販売本数1800万本を誇る大ヒットシリーズに成長している。

 今回、同社の人気シリーズ「モンスターハンター」最新作をニンテンドー3DS向けソフトとして発売することで、従来のシリーズユーザーに加え、今後の拡大が期待されるニンテンドー3DSのユーザーを魅了し、より一層の「モンスターハンター」ブランドの強化を図る。

 2011年12月10日(土曜日)に発売を予定している『モンスターハンター3(トライ)G』は、2009年8月に発売した『モンスターハンター3(トライ)』(WiiR向け)を基に、ニンテンドー3DSの機能を活かした新たな要素が多数追加されている。奥行きのある3D 映像が楽しめるだけでなく、無線機能を活かした様々な要素や、なれ親しんだ従来の操作に加え、より操作をスムーズにするタッチパネルのカスタマイズを導入した。更にG級クエストや、シリーズ初登場のモンスター、装備、プレイヤーをサポートする新たなキャラクターも追加され、既存ユーザーから新規ユーザーまで幅広い層に満足できる内容で発売する。

 販売開始は、『モンスターハンター3(トライ)G』が2011年12月10日(土)から、『モンスターハンター4(仮題)』は未定。

 ※ Wii・ニンテンドー3DS は任天堂の登録商標または商標。

(編集担当:金田知子)